国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

綿貫「感じたことない重圧」

綿貫陽介
ダラスOPでの綿貫陽介
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの国別対抗戦デビスカップ BY RAKUTENファイナルズ2022の予選「日本vsスウェーデン」(スウェーデン/ヘルシンボリ、室内ハード)が5日に2日目が行われ、日本は合計2勝3敗で敗れてファイナルズ進出を逃しワールドグループに回ることとなった。試合後に綿貫陽介岩渕聡監督はコメントを残した。

>>デ杯 日本vsスウェーデン対戦表・結果<<

>>高校センバツ 男女団体組合せ<<

同予選はシングルス2試合を1日目に、2日目にはダブルス1試合とシングルス2試合が組まれており、3勝を挙げて勝利した国は9月に開催されるファイナル グループステージに進出。そこでさらに絞られ、11月23日に開幕するファイナル ノックアウトステージに駒を進められる。

大会1日目を終え1勝1敗としていた日本は2日目の第1試合のダブルスに内山靖崇マクラクラン勉が登場しA・ゴランソン(スウェーデン)/ E・イメル(スウェーデン)(スウェーデン)組と対戦。1度もブレークチャンスを与えることなく第1セットを先取した日本だったが、第2セットをタイブレークの末に落とすと、ファイナルセットでは主導権を握られ1度もブレークチャンスを得ることができず、2時間40分で敗れた。スコアは6-2,6-7 (7-9),5-7。

1勝2敗と追い込まれた日本だが、第2試合ではダニエル太郎がD・N・マダラス(スウェーデン)を6-0,7-5のストレートで破り、2勝2敗に追いついた。

最終試合に登場した綿貫ダブルスにも出場したイメルと対戦。序盤からイメルの強打に苦しんだ綿貫は11本のフォアハンドウィナーを決められるなど4度のブレークを奪われ万事休す。3-6,3-6のストレートで敗れ力尽きた。

日本テニス協会の公式サイトには試合後の綿貫、そして監督を務めた岩渕氏のコメントを掲載した。

綿貫陽介
「立ち上がりはいい形で入れたが、自分のプレーが乱れ始めたところからリズムを失ったのが敗因。試合中は何も感じていなかったが、今感じるのは、チームの思い、応援してくださっている皆さんの思いは重かったなと。感じたことのない重圧があった」

岩渕聡監督
「少し力が足りず、勝つことが出来なかった。選手はコート上で持てるものを出してくれたし、スタッフもやれることはすべてやってくれた結果なので、しっかり受け止めて次に進んでいきたい。エリアス・イメルは、単複両方の試合で素晴らしいプレーをしていた。彼にやられたデ杯だと思う」

【1日目:2022年3月4日】
現地4日17時(日本時間5日1時)開始予定
■第1試合
綿貫陽介 6-4,6-4 D・N・マダラス

■第2試合
ダニエル太郎 5-7,4-6 E・イメル

【2日目:2022年3月5日】
現地5日13時(日本時間5日21時)開始予定
■第3試合
内山靖崇/マクラクラン勉組 6-2,6-7(7-9),5-7 A・ゴランソン(スウェーデン)/D・N・マダラス組

■第4試合
ダニエル太郎 6-0,7-5 D・N・マダラス

■第5試合
綿貫陽介 3-6,3-6 E・イメル

予選は「日本vsスウェーデン」のほか、「フランスvsエクアドル」「スペインvsルーマニア」「フィンランドvsベルギー」「アメリカvsコロンビア」「オランダvsカナダ」「ブラジルvsドイツ」「スロバキアvsイタリア」「オーストラリアvsハンガリー」「カザフスタvsノルウェー」「アルゼンチンvsチェコ共和国」「オーストリアvs韓国」の計12戦が各国で開催される。




■関連ニュース

・デ杯予選、日本はスウェーデンと対戦
・地元でデ杯プレー「最高」
・錦織「熱い声援が力になる」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年3月6日8時14分)

その他のニュース

8月20日

発揮されたメドの守備「最高」 (15時06分)

予選から出場の元4位が4強へ (14時06分)

ノリー4強 アルカラス撃破 (13時30分)

加藤ペア 日比野組下しV王手 (13時10分)

新ジュニア全国大会が20日開幕 (12時28分)

チチパス単複4強、接戦制す (11時48分)

チョリッチ MSで4年ぶり4強 (10時59分)

チチパス4強 次戦はメド (9時55分)

メド 序盤苦戦も4年連続4強 (8時27分)

大坂 全米OP混複出場に意欲 (7時36分)

8月19日

大坂撃破のザン 逆転で8強入 (21時06分)

加藤、日比野がダブルス4強 (19時45分)

MS4大会連続8強「大きな意味」 (18時06分)

シンシナティ男子8強出揃う (16時58分)

シンシナティ女子8強出揃う (16時02分)

マクラクラン組 CH2週連続4強 (14時58分)

キリオス組、第1シード組に敗戦 (13時56分)

ラドゥカヌ破りペグラ8強 (13時24分)

アルカラス 元3位チリッチ撃破 (12時27分)

イズナー WCコルダ破り8強 (12時01分)

ノリー 快進撃の19歳破り8強 (11時38分)

ナダル撃破のチョリッチ 8強 (11時14分)

オジェがシナー下し8強入り (10時47分)

クヴィトバ8強 ジャバー撃破 (9時24分)

チチパス完勝 3年連続の8強 (8時30分)

全米OP 賞金総額が過去最高に (8時00分)

フリッツ 逆転で8強、次戦メド (7時31分)

メド 4年連続8強、シャポ撃破 (7時01分)

ナダル撃破「名誉なこと」 (6時31分)

女王敗退 2週連続で8強逃す (5時55分)

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!