国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

今季「暗闇と光を経験」と形容

ロジャー・フェデラー
ミルマン戦後のフェデラー
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは1日、今シーズンの四大大会でのベストマッチを特集。1日には3試合が掲載され、2日には2試合が発表される。

>>【中川 直樹】錦織 圭と西岡 良仁からの刺激が全日本優勝の要因、インタビュー前編<<

ATPは新型コロナウイルスの影響を受けた今年のツアーを「テニスファンや選手たちは暗闇と光の季節、希望と絶望の季節を経験した」と形容。春から初夏にかけては前が見えない絶望の時期を過ごしたものの、希望は夏に訪れ、最終的には全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の順番が前後したが約1カ月の間に素晴らしい2大会を開催することができた、と掲載した。

今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は山火事の影響で大会開催が危ぶまれたものの、無事開催。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は新型コロナウイルスの影響で中止となったものの、全仏オープンは時期をずらして対応し、全米オープン開催後に行われた。

ATPが掲載した今季の四大大会ベストマッチ5選、最初の3試合は以下の通り。

1)全仏オープン 1回戦
L・ジウスティーノ(イタリア)0-6, 7-6 (9-7), 7-6 (7-3), 2-6, 18-16 C・ムーテ(フランス)

予選3試合を勝ち抜き本戦入りを決めた当時28歳のジウスティーノは1回戦で21歳のムーテと対戦。第4セットまではシーソーゲームとなりファイナルセット開始時点で3時間5分が経過していた。全仏オープンは他の四大大会と異なりファイナルセットでも2ゲーム差がつくまで試合を行うこととなっているため、両者はその後3時間をかけファイナルセットを戦った。試合は大会史上2番目の長さとなる6時間5分で終了し、ジウスティーノが四大大会初勝利を果たしている。

試合後にジウスティーノは「完璧な気分だ。明日は試合前に走ってくるよ、そのぐらいフレッシュに戻ってるだろうね」語った。

2回戦では第12シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)にストレートで敗れ、姿を消している。

2)全米オープン 3回戦
B・チョリッチ(クロアチア) 6-7 (2-7), 6-4, 4-6, 7-5, 7-6 (7-4) S・チチパス(ギリシャ)

この日、チョリッチは第4セットでチチパスに3度のマッチポイントを握られるもののこれを防ぐ粘りを見せると、その後6ゲームを連取しセットカウント2−2に追いつき勝負はファイナルセットへもつれ込む。ファイナルセットのタイブレークではチチパスが2度のダブルフォルトを犯すなど精彩を欠き、4時間36分の死闘の末にチョリッチがベスト16へ駒を進めた。

試合後にチョリッチは「信じられないようなリターンをしたし、最後は少しラッキーだったよ。第3セット、第4セットでは、彼(チチパス)は信じられないようなテニスをしていて、僕にはチャンスがないと感じていた。ファイナルセットのタイブレークは彼にとって簡単にはいかないとわかっていた。だからコート内でボールをキープして、できるだけ多くプレーさせるようにしていたんだ」と語った。

チョリッチは4回戦でJ・トンプソン(オーストラリア)をストレートで破り8強へ進出したものの、準々決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れベスト4へ駒を進めることはできなかった。

3)全豪オープン 3回戦
R・フェデラー(スイス) 4-6, 7-6 (7-2), 6-4, 4-6, 7-6 (10-8) J・ミルマン(オーストラリア)

同大会1回戦と2回戦でストレートをおさめ順当に勝ち上がったフェデラーは、3回戦で地元出身のミルマンと対戦。フェデラーはファイナルセットでミルマンに先にブレークされるも、ゲームカウント2−2に追いつく。その後、10ポイント先取のタイブレークでは4−8とリードされたが、最後はフォアハンドのウィナーを決めて4時間3分の死闘を制した。

この試合の勝利で全豪オープン100勝目をあげたフェデラーだったが、試合後は「とても大変だったよ」と話した。

「結局のところ、僕のプレーは悪くなかったし記者会見で自分のことを説明する準備をしていたんだけど、どんな試合と言えばよいのか。ジョン(ミルマン)はこの試合の半分以上勝利していたと言える」

当時38歳のフェデラーは4回戦でM・フチョビッチ(ハンガリー)、準々決勝でT・サングレン(アメリカ)を破り4強入り。準決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れ2018年以来2年ぶり8度目となる決勝進出を逃している。

[PR]開局30周年記念番組「WOWOWテニスフェスティバル2020」
錦織 圭ら日本のトッププレーヤーが集結するWOWOWならではの30周年記念特番
12月5日(土)午後1:00 無料放送&ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・最終戦「印象的な瞬間」を投稿
・フェデラー 劇的勝利で16強
・ティーム 幼少期のプレー公開

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年12月1日16時42分)

その他のニュース

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!