国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルの初フルセットを特集

ラファエル・ナダル
2011年全仏オープンのナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは25日に公式サイトで、2011年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)1回戦のR・ナダル(スペイン) vs J・イズナー(アメリカ)の対決を特集した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

ナダルは同大会初出場の2005年から4連覇。2009年に初の黒星となるも、翌年からは再び5年連続優勝を成し遂げた。

ナダルはイズナーを6-4, 6-7 (2-7), 6-7 (2-7), 6-2, 6-4のフルセットで撃破。この4時間1分の激闘がナダルにとって、初の全仏オープンでファイナルセットを戦った試合となった。

試合でナダルはイズナーに13本のエースを決められてタイブレークを2度落とす展開。試合を通して1度サービスゲームを落とすも、5度のブレークを奪って第4、ファイナルセットを奪い勝利した。

試合後には「ほとんどサッカーのPK戦のようなものだった。イズナーのサービスを止めることができなかった。タイブレークでは常に大きなプレッシャーを感じていた」と明かした。

「イズナーとの対戦ではミスをしてはならないプレーを強いられる、彼との試合はいつも競ったものとなる。タイブレークではいいプレーができなかった。緊張しすぎていたんだ。彼はとてもタフな相手で、素晴らしい試合をした彼を祝福したい」

一方イズナーは「第4セットとファイナルセットでのナダルのプレーは、僕が今まで見たことがないものだった。だからこそ彼は世界1位で常に最高の選手の1人なんだ」と語った。

現在は2017年から3年連続で制覇し12度のタイトル獲得。大会戦績を93勝2敗としている。(2016年の3回戦は試合前に棄権したため戦績に含まれていない)

また、ナダルが全仏オープンでフルセットを戦ったのは同試合を含め2度のみで、もう1度は2013年の準決勝で、N・ジョコビッチ(セルビア)をファイナルセット9-7で下している。

今シーズンの全仏オープンは本来、5月24日から6月7日にかけて開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて9月20日から10月4日までの開催へ延期が発表されている。




■関連ニュース

・ナダルが中心 ライブ配信で共演
・ナダル 西岡 良仁を称賛
・ナダル「錦織は疲れていた」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月27日18時19分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!