国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ナダルに脱帽

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は7日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)は第2シードのR・ナダル(スペイン)に3-6, 4-6, 2-6のストレートで敗れ、2011年以来8年ぶり6度目の決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「彼(ナダル)は信じられないプレーをしていた」と脱帽した。

>>ジョコビッチvsティーム 1ポイント速報<<

>>ナダル決勝 1ポイント速報<<

この日、両者は強風の中での戦いを強いられた。フェデラーは第1セットを落とすも、第2セットは第1・第2ゲームを連取する好スタートを切った。しかし、直後の第3ゲームでブレークバックされると勢いを失い、2セットダウンの崖っぷちに追い込まれる。

第3セットはゲームカウント1−5と大きくリードを許したフェデラーは主導権を握られて2時間25分で力尽き、ナダルとの通算39度目の対決で敗戦を喫した。

フェデラーがナダルに敗れるのは、2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝以来。

フェデラーは「信じられないくらい風が強かった。本当に難しかった」と振り返った。

第2セットの第3ゲームをブレークバックされたことについては「あれがなければ、あのセットは違っていたかもしれない」と肩を落とした。

「強風の中でラファ(ナダル)の質の高いリターンからサービスキープするのは本当に難しい。彼は、ほとんどミスをしなかった。穴を探すのは本当に難しい」

「この風の中でしっかりボールを打とうとするのは本当に難しい。でも、風が強いのはお互いのこと。彼の方がよかったのは疑いもない。勝つには十分ではなかった」

一方、勝利したナダルは決勝で、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのD・ティーム(オーストリア)の勝者と対戦する。

ジョコビッチとティームの準決勝は同日に行われたが、雨による悪天候により翌日へ順延となった。日本時間8日の19時(現地8日の12時)に再開予定。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・ナダル「錦織は疲れていた」
・フェデラー 全仏OPへ苦言

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月8日6時15分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!