- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「数ポイント差。悔しい」

錦織圭
準決勝で敗退した錦織圭
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は27日、シングルス準決勝が行われ、第4シードの錦織圭は第7シードのD・メドヴェデフ(ロシア)に4-6, 6-3, 5-7のフルセットで敗れ、惜しくも2016年来3年ぶり4度目の決勝進出とはならなかった。

>>ティームvsメドヴェデフ 1ポイント速報<<

錦織は今年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)決勝でメドヴェデフを破っており、この日はファイナルセットの第1ゲームでブレークに成功する好スタートを切った。しかし、徐々に流れがメドヴェデフに傾くと、第12ゲームで最後フォアハンドのストロークがネットにかかり、2時間24分で力尽きた。

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルの公式サイトには錦織の会見コメントが公開されている。

錦織は「数ポイントの差だったと思います。勝つチャンスがあっただけに悔しい」と肩を落とした。

続けて「ミスが相次いだと思いますし、彼(メドヴェデフ)がしつこさを取り戻してきた。なかなか決まらなかった。ディフェンス力が高いのは感じていました」とメドヴェデフを称賛した。

「1セット目は彼もよかった。自分のボールが浅くなったり、ミスがあったり。不安はありましたけど、2セット目からいいプレーはできていた。もうちょっとよければ、勝てたチャンスはあったかもしれないです」

一方、錦織との激闘を制したメドヴェデフは、決勝で第3シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準決勝で第1シードのR・ナダル(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

メドヴェデフとティームの決勝は、日本時間28日の23時(現地28日の16時)以降に開始予定。

「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」

【配信予定】
4/22(月)〜4/28(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とメドヴェデフ怒り
・錦織 タイブレーク勝率1位に
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年4月28日11時00分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!