- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤 18歳に辛勝で2回戦へ

伊藤竜馬
慶應チャレンジャー時の伊藤
画像提供: tennis365.net
男子テニスの下部大会であるチャレンジャー・バンク・ナショナル・グランビー(カナダ/グランビー、ハード、ATPチャレンジャー)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、第7シードの伊藤竜馬が主催者推薦で出場のB・シゴイン(カナダ)に7-6 (8-6), 7-6 (7-4)のストレートで勝利し、2回戦進出を決めた。

この試合、伊藤は18歳のシゴイン相手に7本のダブルフォルトを犯すも、ファーストサーブでは高いポイント獲得率を維持し、1時間46分で勝利した。

2回戦では世界ランキング235位のS・ディエス(カナダ)と対戦する。ディエスは同日の1回戦で内田海智を3-6, 6-4, 6-4の逆転で破っての勝ちあがり。

29歳の伊藤は今シーズン、一時200位台までランキングを落としたが、チャレンジャー大会で準優勝をおさめるなどの活躍で、現在は171位まで上昇させている。また、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の予選決勝ではビッグサーバーのS・スタコフスキ(ウクライナ)と激闘を繰り広げた。

この日、守屋宏紀も1回戦に登場したが、世界ランキング397位のM・パーセル(オーストラリア)に4-6, 7-5, 4-6のフルセットで敗れた。

今大会の2回戦には伊藤のほか、第3シードの添田豪、第8シードの内山靖崇が進んでおり、それぞれB・シュナー(カナダ)、T・チェン(台湾)と対戦する。





■関連ニュース■ 

・伊藤竜馬が入籍 交際「10年」
・内田海智が拠点を移した理由
・ジョコ 7年ぶり四大大会無冠
(2017年7月27日19時04分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!