- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者マレー 4年連続初戦突破

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が世界ランク73位のA・クズネツォフ(ロシア)を6-4, 4-6, 6-2, 6-0で下し、4年連続の初戦突破を果たした。

>>錦織vsシャーディ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

この日、第1セットを先取したマレーは、第2セットを落としたものの、第3セットではクズネツォフに1度もブレークのチャンスを与えず2時間32分で勝利をおさめた。

2回戦では、世界ランク50位のM・クリザン(スロバキア)と対戦する。クリザンは1回戦でワイルドカードで出場のL・ロコリ(フランス)を下しての勝ち上がり。

30歳のマレーは未だ無冠の全仏オープンに、今年で10度目の出場。昨年は初の決勝進出を果たしたが、N・ジョコビッチ(セルビア)に逆転で敗れて準優勝に終わった。

今季は、開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ 、ハード 、ATP250)で準優勝を飾る好スタートを切ったが、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では、4回戦で敗れる大波乱に見舞われた。

そこから徐々に歯車が狂いはじめ、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権( アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)ではタイトルを獲得したが、その後は早期敗退が相次ぐ苦しい戦いが続いていた。






■関連ニュース■ 

・錦織 勝利も「反省点いっぱい」
・ジョコ 王者マレーの重圧に共感
・告白ナダル「緊張している」
(2017年5月31日13時26分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!