- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー1072勝目 記録更新

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は10日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が予選を勝ち上がったF・マイヤー(ドイツ)を7-6 (7-2), 7-6 (7-1)のストレートで下して準決勝進出。フェデラーにとってはキャリア通算1,072勝目となり、歴代でJ・コナーズ(アメリカ)の1,253勝に次ぐ記念すべき勝利をあげた。

この試合、フェデラーは度々苦しい場面に見舞われながらも、タイブレークでは最高のプレーを見せ、ストレートで勝利を手にした。第2セットの第12ゲームではマイヤーにセットポイントを握られながらも、それをしのいでタイブレークへ持ち込んでいた。

史上最多となるグランドスラム17度の優勝を誇るフェデラーは、昨年のブリスベン国際男子決勝でM・ラオニチを下した際にキャリア1,000勝をあげた。今回は男子テニスの歴史の中でI・レンドル(アメリカ)の1,071勝を抜き、コナーズに次ぐ勝利数を記録した。

現役選手ではR・ナダル(スペイン)が798勝、N・ジョコビッチ(セルビア)が730勝となっている。

メルセデス・カップ決勝進出をかけて、準決勝では成長著しい22歳のD・ティエムと対戦する。ティエムは前回のフェデラーとの対戦であるイタリア国際男子3回戦でフェデラーを下していた。しかしその後からフェデラーは、腰の怪我で全仏オープンを欠場するなど1カ月のツアー離脱を余儀なくされていた。

ティエムは今季2度目のグランドスラムである全仏オープンで、自身初となるグランドスラム準決勝進出を果たし、今週発表の世界ランクで7位に上昇。初めてのトップ10入りを果たした。

ティエムはこの日、M・ユーズニー(ロシア)を3-6, 6-4, 7-5の逆転で下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ティエム 錦織に次ぐ7位に
・フェデラー GS優勝信じている
・錦織47位 フェデラーは5位に
(2016年6月11日8時50分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!