- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【1ゲーム速報】伊藤竜馬vsラオニチ

デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本vsカナダ
●伊藤 竜馬vs. ○M・ラオニチ
【第1セット】2-6
【第2セット】1-6
【第3セット】2-6

3月6日から8日にかけて行われる男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は6日、大会1日目第1試合に登場する伊藤竜馬(日本)は世界ランク6位のM・ラオニチ(カナダ)に2-6, 1-6, 2-6のストレートで敗れた。

▼ 第3セット ▼

第1ゲーム
伊藤のサービスエースから第3セットはスタート。ラブゲームでサービスキープに成功する。

第2ゲーム
ラオニチのサービス。30-0からのラオニチのセンターへのスライスサーブを伊藤はリターン出来ず40-0、そのままラブゲームでキープする。

第3ゲーム
伊藤がポイント連取で30-0。しかし2ポイント連続でストロークミスが続き30-30。さらにラオニチの返球が浅くなった場面でフォアをネットにかけてブレークポイントを与えると最後もフォアがオーバーしてブレークを許す。

第4ゲーム
ラオニチがサービスのこのゲーム、伊藤は30-0から追いつくも最後はラオニチがセカンドサービスでエースを決めキープに成功する。

第5ゲーム
伊藤がサービスのこのゲーム、伊藤は40-0からダブルフォルトを犯し、回り込んだフォアハンドのダウンザラインがアウト、ラオニチのバックのリターンエースに対しチャレンジを要求するが入っておりデュースとなる。しかしそこから2ポイント連取しキープする。

第6ゲーム
ラオニチがサービスのこのゲーム、ラオニチは危なげなくキープに成功する。

第7ゲーム
伊藤がサービスのこのゲーム、最後はダブルフォルトを犯しこのセット2度目のブレークを許す。

第8ゲーム
ラオニチがサービスのこのゲーム、伊藤が0-30とポイント先行するもラオニチが追いつく。フォアハンドの逆クロスがアウトとなりラオニチにマッチポイント。最後はセカンドサービスをワイドに放ったボールを伊藤はリターン返せず、1時間27分で敗れた。

▼ 第2セット ▼

第1ゲーム
ラオニチのサービスゲーム、40-30からセンターにサービスエースが決まりキープ。

第2ゲーム
伊藤が40-30のゲームポイントを決めてキープする。

第3ゲーム
ラオニチが30-0の場面でダブルフォルトをするも、40-15から強力なサーブを打ち込み難なくキープ。

第4ゲーム
15-15の場面で両者のバックハンド・スライスの打ち合いのポイント、伊藤のドロップボレーがネットして15-30。30-30と戻すも30-40から最後は伊藤のミスでブレークを許す。

第5ゲーム
ラオニチがサーブで主導権を握る。40-15からセンターにサービスエースを決めて4-1とリードする。

第6ゲーム
伊藤のサービスゲーム、0-30からラオニチのフォアハンドのダウンザラインが決まり0-40。続くポイントはラオニチがバックハンドのダウンザラインを決めてラブゲームで伊藤はブレークを許す。

第7ゲーム
ラオニチがラブゲームでキープして2セット連取。第3ゲームから5ゲーム連続で取り、わずか23分のセットとなった。


▼ 第1セット ▼

第1ゲーム
ラオニチのサービスゲームで始まったこの試合、先にポイントをポイントをリードしたのは伊藤だが、最後はサービスエースでこのゲームをラオニチがキープ。

第2ゲーム
0-30とラオニチにリードを許した伊藤だが、粘りを見せてデュース。最後は前に出てきたラオニチのサイドを抜くショットを決めてキープ。

第3ゲーム
ラオニチがラブゲームでキープする。

第4ゲーム
伊藤は鋭いコースにウィナーを決め、最後はサービスで圧倒してキープ。

第5ゲーム
ポイント30-0でリードしたラオニチに追いついた伊藤だが、最後は得意のサービスで圧倒してラオニチがキープ。

第6ゲーム
ゲームポイントがきていた伊藤だが、ダブルフォルトでデュースに。最後はロングラリーの末に伊藤がバックハンドをアウトし、ブレークを許す。

第7ゲーム
40-15とラオニチがポイントリードしていたが、ラオニチがバックハンドをネットにかけてデュース。しかし、ラオニチがサービスキープする。

第8ゲーム
ゲームポイントをきていた伊藤だが、ラオニチがバックハンドでリターンエースを決めてデュース。最後はラオニチのパッシングショットが決まり伊藤は第1セットを先取される。

《第2試合の錦織戦も1ゲーム速報します!》


■関連ニュース■ 
・錦織 デ杯初戦は62位と対決
・ジョコビッチ 気鋭の18歳警戒
・フェデラー不在で2連覇狙う


■最新ニュース■ 
・元1位リオスが異議申し立て
・ウォズニアキ 大会初8強入り
・森田 あゆみ 動画レッスン7


■最新動画■ 
・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月7日8時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月9日

約3時間の激闘制し初戦突破 (22時30分)

日比野菜緒 ローマ本戦ならず (20時12分)

【告知】ズベレフvsベレッティーニ (16時17分)

サバレンカ 世界1位撃破でV (14時42分)

ティーム「改善点たくさん」 (12時27分)

ズベレフ「大きな意味持つ」 (11時46分)

ベレッティーニ 初の決勝進出 (9時43分)

西岡良仁 ローマ本戦入り王手 (8時54分)

日比野菜緒 ローマ本戦王手 (1時47分)

ズベレフ、ティーム破りV王手 (0時50分)

5月8日

【1ポイント速報】ティームvsズベレフ (23時03分)

錦織 初戦はフォニーニに決定 (21時05分)

フェデラーと名優がコラボ (20時44分)

大坂らローマ 組み合わせ決定 (19時46分)

土居、日比野 ローマ予選出場 (13時04分)

西岡良仁、ローマ予選に登場 (10時47分)

7連勝ベレッティーニが4強 (9時04分)

ルード初4強「最高の気分」 (7時45分)

ナダルを撃破「最大の勝利」 (1時44分)

ナダル 12度目の4強ならず (0時18分)

5月7日

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (22時22分)

ティーム 逆転勝ちで4強入り (22時12分)

ナダル、レアル敗退に言及 (16時11分)

ナダル8強も「難しかった」 (15時00分)

公式戦6連勝 マドリッド初8強 (13時55分)

マクラクラン組 惜敗で8強逃す (12時01分)

ズベレフ8強 ナダルと激突へ (10時29分)

初V王手で今季3度目の対戦へ (8時57分)

ルード、チチパス撃破で8強 (7時37分)

大坂なおみ 日本人初の受賞 (3時30分)

ルブレフ撃破でイズナー8強へ (3時03分)

5月6日

ナダル 快勝で15度目の8強 (23時58分)

バーティ 今季4勝目に王手 (22時26分)

メド 熱戦の末に8強入りならず (22時18分)

復帰ティーム 4度目の8強入り (20時07分)

快勝で2度目のMS8強入り (19時56分)

ナダルに敗退も「特別」 (18時40分)

チチパス わずか54分で初戦突破 (15時41分)

マクラクラン組 快勝で初戦突破 (12時50分)

32本エース MPしのぎ16強へ (11時27分)

4強バーティ「ひたすら努力」 (10時01分)

逆転勝ちで今季クレー初戦白星 (8時56分)

シュワルツマン撃破で初16強 (8時06分)

西岡良仁 世界22位に屈する (4時48分)

【1ポイント速報】西岡vsルード (3時49分)

ナダル 18歳アルカラスに完勝 (2時29分)

バーティ 熱戦制し4強入り (1時55分)

錦織撃破「全てうまくいった」 (0時46分)

世界62位バドサ 4強の快進撃 (0時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!