- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は2週連続Vならず、過酷なツアー転戦<デルレイ・ビーチ・オープン>

男子テニスツアーのデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード)は20日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)は世界ランク65位のT・ガバシュビリ(ロシア)と対戦し、第1セットを2-4とリードを許した時点で途中棄権を申し入れ、2週連続のタイトル獲得とはならなかった。

錦織は16日のアメリカ国際インドアテニス選手権で2連覇達成、さらにツアー4勝目をあげており、2週連続のタイトル獲得に期待が寄せられていた。しかし、錦織はこれまでツアー優勝後の大会で上位進出の経験がなく、試合数や移動が多いツアー転戦の過酷さを物語る。

《錦織が喜び爆発「なんとなんと優勝しました!!!」<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

2008年のデルレイ・ビーチ・オープンでツアー初優勝した錦織は、その翌週のSAPオープン2回戦でA・ロディック(アメリカ)に完敗。2012年の楽天ジャパン・オープンでの優勝後は、上海マスターズでは2回戦でS・クエリー(アメリカ)にフルセットの末に敗れた。

昨年のアメリカ国際インドアテニス選手権でツアー3勝目後は、I・カルロビッチ(クロアチア)との1回戦で途中棄権。そして、今回もタイトル獲得の大会で上位進出とはならなかった。

《錦織圭が棄権、リベンジならず◇デルレイビーチ国際テニス選手権》

錦織がガバシュビリに勝利していた場合、準々決勝では第7シードはM・チリッチ(クロアチア)と対戦していた。

2008年のデルレイ・ビーチ大会でツアー初優勝を飾った錦織にとって同大会は思い出の地でもあったが、2年連続で無念の結果となってしまった。

《錦織圭が初優勝 ブレイクを下す◇デルレイビーチ国際》

今後、錦織は来週から開催されるアビエルト・メキシコ・テルセルに出場する予定。同大会にはA・マレー(英国)D・フェレール(スペイン)らも出場予定となっている。

今年に入り錦織はブリスベン国際男子でベスト4、エキシビション大会のAAMIクラシックでは大会初優勝を飾った。全豪オープンでは2年連続の16強入りを果たすも、4回戦で世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)に大接戦の末に敗れた。

その後の国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦ではシングルス2勝・ダブルス1勝をあげ、エースとしての大役を果たした。そして、初の日本ベスト8進出を決めた。

《錦織がカナダ戦で「1番嬉しかった」試合とは<デビスカップ>》

【錦織圭 デルレイ・ビーチ・オープン 戦歴】

<2014年>
・1回戦 勝利 G・エリアス(ポルトガル) 6-1, 5-7, 6-2
・2回戦 敗退 T・ガバシュビリ 2-4, 途中棄権

<2013年>
・1回戦 敗退 I・カルロビッチ 4-5, 途中棄権

<2011年>
・1回戦 勝利 B・ダブル(アルゼンチン) 6-2, 7-6 (7-5)
・2回戦 勝利 J・ブレイク(アメリカ) 6-3, 6-4
・準々決勝 勝利 R・スウィーティング(アメリカ) 6-7 (5-7), 6-2, 6-4
・準決勝 敗退 J・ティプサレビッチ(セルビア) 4-6, 4-6

<2010年>
・1回戦 敗退 B・ベッカー(ドイツ) 3-6, 6-1, 0-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 N・トデロ(アルゼンチン) 6-2, 6-3
・予選2回戦 勝利 J・ウィッテン(アメリカ) 6-4, 6-4
・予選3回戦 勝利 A・ボゴモロフJR(ロシア) 6-2, 7-5
・1回戦 勝利 F・マイヤー(ドイツ) 6-0, 4-3, 途中棄権
・2回戦 勝利 A・ディリック(アメリカ) 6-2, 6-4
・準々決勝 勝利 B・レイノルズ(アメリカ) 6-7 (7-9), 6-4, 6-2
・準決勝 勝利 S・クエリー 4-6, 6-2, 7-6 (9-7)
・決勝 勝利 J・ブレイク 3-6, 6-1, 6-4

錦織


■関連記事■

《錦織がまさかの棄権、2年連続の悪夢<デルレイ・ビーチ・オープン>》

《錦織、ナダル戦後「シャワー浴びながら号泣」<全豪オープン>》

《錦織、初のタイトル防衛「とにかく驚いている」<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

《錦織が貫禄の優勝、2連覇達成と4度目のツアータイトル獲得<アメリカ国際インドアテニス選手権>》


■関連動画■

《情熱溢れる元王者ヒューイット!若い頃の貴重な映像を大公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

《フェデラーやサンプラスを育てたコーチが王者の共通点を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

(2014年2月21日13時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月6日

【告知】ナダルvsフリッツ (15時47分)

【告知】キリオスvsガリン (15時43分)

【告知】ハレプvsアニシモワ (15時31分)

シナー ジョコに大逆転負け (13時14分)

ノリー ジョコ戦へ「最も困難」 (11時51分)

逆転でグランドスラム初4強 (10時28分)

「ナダルの思い通りになった」 (8時51分)

インハイ男女団体の組合せ決定 (8時26分)

大逆転のジョコ「信じていた」 (7時52分)

青山/チャン組 WB4強ならず (7時18分)

西岡良仁 CHで初戦突破 (6時47分)

ノリーGS初4強 ゴファン撃破 (3時21分)

【1ポイント速報】ゴファンvsノリー (1時18分)

ジョコ 大逆転で11度目の4強 (1時13分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsシナー (0時30分)

7月5日

YouTube 長尾克己vs田村和也が対決 後編 (20時10分)

ナダル「前回は肋骨負傷してた」 (19時13分)

ユニクロ英イベント 国枝ら登場 (13時51分)

マレー 16年ぶりにWCで出場 (12時07分)

WBJr日本勢、木下晴結が16強 (11時28分)

好調ハレプ 失セット0で8強 (10時42分)

ナダル8強「驚くべきこと」 (8時22分)

キリオス 痛めた右肩に言及 (7時38分)

フリッツ 完勝でGS初8強 (6時56分)

「キリオスは芝最高の1人」 (6時05分)

ガリン 大逆転でGS初8強 (5時24分)

ナダル WBで8度目の8強 (4時58分)

【1ポイント速報】ナダルvsファン・デ・ザンスフルプ (2時25分)

キリオス 激闘制し8年ぶり8強 (0時49分)

【1ポイント速報】キリオスvsナカシマ (0時25分)

7月4日

シフィオンテク「充電する時」 (23時38分)

柴原/ムハンマド組 8強ならず (21時58分)

WBJr女子 石井ら初戦突破 (13時10分)

WBJr男子 日本勢は初戦敗退  (11時44分)

ジョコ WB25連勝で8強 (11時07分)

フェデラー「ここにいたかった」 (10時12分)

4時間半の死闘制しゴファン8強 (8時32分)

青山/チャン組 WB8強入り (7時26分)

ジョコ WB13度目の8強  (6時41分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsファン・ライトーフェン (3時51分)

シナー初8強 アルカラス撃破 (3時41分)

7月3日

【1ポイント速報】アルカラスvsシナー (21時48分)

元王者フェデラー WBを訪問 (21時12分)

YouTube 長尾克己と田村和也が対決 前編 (20時18分)

ズベレフ 手術後リハビリ公開 (20時15分)

ハレプ16強、次戦はバドサ (12時50分)

ナダル、ネットでの注意を謝罪 (12時14分)

ガウフ 2年連続16強ならず (11時38分)

「フェデラー欠場は寂しい」 (10時58分)

チチパス怒り「本当に愚か」 (10時26分)

連勝記録が37でストップ (9時00分)

キリオス「レベル高かった」 (8時02分)

ナダル「今大会ベストマッチ」 (7時02分)

キリオス16強 チチパス撃破 (5時16分)

ナダル 10度目のWB16強 (4時49分)

【1ポイント速報】ナダルvsソネゴ (2時33分)

【1ポイント速報】キリオスvsチチパス (1時43分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!