- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界1位が2013年シーズン初戦「準備は出来てた」◇ブリスベン国際女子

女子テニスツアーのブリスベン国際女子(オーストラリア/ブリスベン、賞金総額100万ドル、ハード)は大会4日目の2日にシングルス2回戦残り4試合が行われ、第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)S・リシキ(ドイツ)を6-3, 6-3の快勝で退け、シーズン初戦を白星で飾り、順当にベスト8進出を果たした。

今大会上位2シード選手が1回戦を免除されているため、この日の2回戦が2013年シーズンの初戦だった世界ランク1位のアザレンカは、第1セットで1度ブレークをリシキに許したものの、3度のブレークを奪いセットを先取。

第2セットも2度のブレークをリシキに奪われたが、サービスの調子が上がらないリシキのセカンドサーブを攻め立て3度のブレークを奪い、1時間27分の快勝で勝利。2013年のシーズンも好調さをアピールした。

「彼女(リシキ)がどんなプレーをして来るかは分かっていたから、その準備は出来てた。自分のテニスをする事だけに集中していたの。彼女も自分のテニスをして来るはずだけど、ミスも出ると思ったから、チャンスを待ってそれをしっかり生かすようにしたの。」と、アザレンカはこの日の戦術を語っていた。

そして、リシキのサービスはセリーナのサーブに次ぐ厳しいものかと問われると「恐らくそうね。速さだけじゃなくて、スピンの多さや重さもあるわ。速さは無くても時にはかなりリターンが難しいサーブもある。彼女は本当にパワーがあるの。」と、その難しさもコメントしていた。

アザレンカは準決勝進出をかけて、予選を勝ち上がったK・ペルバク(ロシア)と準々決勝で顔を合わせる。

また第4シードのA・ケルバー(ドイツ)も予選を勝ち上がったM・プイグを3-6, 6-4, 7-6 (9-7)の逆転で辛くも退け8強入りに成功した。

世界ランク5位のケルバーは第1セットで同124位のプイグに2度のブレークを奪ったものの、5回あった自身のサービスゲームを4度もブレークされるなど、第1セットを奪われてしまう。

しかし、ケルバーは第2セットに入り本領発揮。2度ブレークされるも3度のブレークを奪い返し、セットオールへと追い付いた。

勝敗を決める第3セットでは、再びランキングの差を感じさせないプレーを展開したプイグがケルバーにゲームカウント4−1とリード。しかし、ケルバーもブレークバックに成功、タイブレークへともつれた。そのタイブレークもケルバーは1−4とプイグにリードを許しながら、徐々に逆転に成功し接戦の末、辛うじて勝利を手にした。

「彼女(プイグ)の事はこれまで知らなかった。彼女は近い将来きっと世界の舞台で活躍するでしょう。ボールも深く重いし、フットワークも素晴らしい。すぐにトップ50に入れる選手だと思う。出だしから自分のリズムを掴むのに必死だった。第3セットもあっという間に1−4とリードされてしまった。それでも諦めず最後の1ポイントまで戦い続けたの。こんな接戦を勝ち上がれた事は自信に繋がる。」

ケルバーは対戦相手のプイグを称賛しつつも、勝利に安堵と自信を表していた。準々決勝でケルバーはA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。

残りの試合では、アメリカ期待の若手であるS・スティーブンス(アメリカ)S・アービッドソン(スウェーデン)を6-3, 6-4で、ラッキールーザーのL・ツレンコ(ウクライナ)が主催者推薦のJ・ガイドソバ(オーストラリア)を1-6, 6-1, 6-4の逆転で下し、ベスト8へ名を連ねた。

19歳のスティーブスは昨年の全米オープン3回戦でA・イバノビッチ(セルビア)にフルセットで敗れてから、昨シーズンを終了させていた。

「全米オープン後は長い休養を取っていた。体の調子を整えるために。イバノビッチとの試合の直前から、調子が悪かったけど軽く見ていた。筋肉が炎症を起こしていたようで、その後7週間くらいでやっと完治したの。これまでの2試合はとても好調なので、これを維持して行きたい。」と語るスティーブンス。

準々決勝では大先輩であるS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する彼女。「彼女(セリーナ)の事は大好き。自分に多大な影響を与えた選手でもある。そんな彼女との対戦をとても楽しみにしている。」と、次の試合へ気持ちを高めていた。

一方、ツレンコは当初第2シードで出場予定だったM・シャラポワ(ロシア)が鎖骨炎症のために急遽欠場を表明してラッキールーザーで本戦入りし、この日はガイドソバを大逆転で下しその幸運を生かした。準々決勝でツレンコはD・ハンチュコバ(スロバキア)と対戦する。

この日行なわれた試合結果は以下の通り。

○V・アザレンカ (1) vs. ●S・リシキ, 6-3, 6-3
○A・ケルバー (4) vs. ●M・プイグ, 3-6, 6-4, 7-6
○S・スティーブンス vs. ●S・アービッドソン, 6-3, 6-4
●J・ガイドソバ vs. ○L・ツレンコ, 6-1, 1-6, 4-6

今大会の優勝賞金は16万2987ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2013年1月3日10時05分)

その他のニュース

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

1月14日

モヤ 豪はナダルに帯同せず (22時25分)

17歳新星が全豪OP初の本戦へ (21時32分)

マレー 新型コロナ陽性と公表 (20時26分)

西岡、大坂ら 豪へ向け出発 (19時06分)

トミック 全豪OP本戦入り (17時55分)

7分で決着「全てよくなってる」 (16時32分)

ツアー2勝目に「最高の気分」 (13時32分)

青山/柴原V「戦い続けた」 (11時28分)

全豪OP男子予選 16名が本戦へ (9時39分)

全豪女子 日比ら本戦出場者決定 (8時55分)

公式戦15連勝でキャリア9勝目 (7時02分)

1月13日

青山/ 柴原組 開幕戦でペア4勝目 (22時07分)

日比万葉 全豪OP初の本戦入り (20時57分)

【1ポイント速報】日比万葉vsラキモバ (20時40分)

わずか7分で試合終了しV (19時43分)

ダニエル太郎 全豪OP本戦逃す (18時17分)

失セット0で決勝戦に到達 (16時39分)

青山/ 柴原組 開幕戦でV王手 (16時17分)

杉田祐一 陽性から回復を報告 (15時07分)

初の決勝へ コルダ「幸せ」 (14時36分)

サバレンカ 単14連勝で決勝進出 (13時57分)

20歳コルダ、ツアー初の決勝へ (11時36分)

デ ミノー決勝へ ゴファン撃破 (10時29分)

日比万葉、全豪予選決勝に進出 (9時44分)

ダニエル太郎 全豪本戦入り王手 (8時18分)

1月12日

YouTube 綿貫陽介ラケバ公開 (20時31分)

快進撃で4強のコルダ「超満足」 (16時57分)

イズナー 全豪OP欠場を発表 (16時23分)

8度手術経験もツアー初4強へ (14時59分)

好調サッカリ、ケニン破り4強 (14時51分)

大坂 ヴィトンアンバサダー就任 (12時46分)

イズナー撃破 20歳コルダ4強 (11時19分)

新コーチ就任で開幕戦4強へ (10時15分)

全豪予選、日比万葉が2回戦へ (8時57分)

全豪予選 添田と伊藤は初戦敗退 (8時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!