- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

金メダリストのマレーが地元の声援に応える◇ATPツアー・ファイナル

男子テニスツアーの最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、賞金総額550万ドル、インドアハード)は大会5日目の9日、予選ラウンドロビンのグループAの試合が行われ、シングルス第2試合で第3シードのA・マレー(英国)と第7シードのJW・ツォンガ(フランス)が対戦。マレーがツォンガを6-2, 7-6(7-4)で振り切り、予選Aグループ2位での準決勝進出を決めた。

第1セットはマレーのペースで展開。第1ゲーム、ミスを連発するツォンガに対しマレーがブレークする。これで勢いに乗ったマレーは、ゲームカウント4-0と大きくリードを広げる。

この時点で既に16本のストロークミスを犯していたツォンガは、ここから2ゲームをサービスキープするも、マレーからブレークすることができず、このセットはマレーが33分で奪う。

第1セットを失った時点で、予選通過の可能性が消えたツォンガであったが、第2セットに入ってもミスが減らず、第1ゲームで2本のダブルフォルトを犯すなどミスを重ね、再びマレーにブレークを許し、ゲームカウントは2-0でマレーのリードとなる。第3ゲーム以降は互いにサービスをキープし、ゲームカウント4-3でマレーのサービスゲームを迎える。

このままマレーがサービスキープするかと思われた第8ゲーム、ここでマレーは集中力を欠いたプレーからミスを続け0-40とすると、ツォンガにこの試合初めて握られたブレークポイントでリターンエースを奪い、ブレークバックに成功。ゲームカウントを4-4に戻す。

このブレークで躍動感を取り戻したツォンガは、その後は自身のサービスゲームをキープ。マレーもサービスキープを続け、ゲームカウント5-6の第12ゲームでマレーのサービスゲームを迎える。

そのゲームで、40-30とマレーがゲームポイントを奪うも、続くポイントでダブルフォルトを犯すと、積極的な攻めに出たツォンガがネットプレーでポイントを獲得し、ここでセットポイントを掴む。しかし、ツォンガは続くポイントでマレーのサービスに対応できず、再びデュースへ。続く2ポイントはマレーが連取し、第2セットの行方はタイブレークへ。

タイブレークに入りネットプレーでポイントを重ねようとするツォンガであったが、逆にミスを犯してしまい、4-2でマレーがリードする。ここから更にマレーが2ポイントを獲得し、マッチポイントを迎える。ツォンガも意地をみせマッチポイントを1本しのぐが、2本目のマッチポイントでマレーがサービスエースを決め、1時間36分で試合に勝利した。

マレーは今シーズンキャリア最高の成績を収めており、ロンドンオリンピックでR・フェデラー(スイス)を破り金メダルを獲得すると、全米オープンではN・ジョコビッチ(セルビア)を破り自身初となる4大大会でのタイトルを獲得するなど、ツアー3勝をあげている。マレーの準決勝での対戦相手は、明日行われる予選ラウンドもう1グループの結果によって決まる。

昨年の今大会で決勝まで進出していたツォンガであるが、この日の敗戦で予選敗退が決まるとともに、今季の対戦成績はこれで55勝25敗となり、特にトップ10プレーヤーとの対戦成績は1勝15敗となっている。唯一の勝利は5月のローマ・マスターズ1000大会でJM・デルポトロからの勝利にとどまっている。

このことについてツォンガは「積極的にプレーしていかないといけないね。だけど、まだ今のところ満足のいくプレーはできていないんだ。だから、一生懸命練習をしたら、まだまだ上手くなると確信しているんだ。来シーズンは彼ら(トップ10プレーヤー)にもっと勝つチャンスは十分にあると思っているよ。」と、早くも来シーズンに向けての意気込みを語っている。

この日の試合結果は以下の通り。

【シングルス】
≪グループA≫
N・ジョコビッチ(セルビア) (1) ○-× T・ベルディフ(チェコ共和国)(チェコ共和国) (5), 6-2, 7-6 (8-6)
A・マレー(英国) (3) ○-× JW・ツォンガ(フランス) (7), 6-2, 7-6 (7-3)

【ダブルス】
≪グループB≫

M・ブパティ(インド)/ R・ボパンナ(インド) (5) ○-× M・ミルニ(ベラルーシ)ー/ D・ネスター(カナダ) (2), 7-6 (7-5), 6-7 (5-7), 10-5
R・リンドステッド(スウェーデン)/ H・テカウ(ルーマニア) (4) ○-×J・マレー(英国)/ F・ニールセン(デンマーク) 6-3, 7-5

(2012年11月10日11時55分)

その他のニュース

8月12日

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

8月10日

WB優勝ペア撃破で初戦突破 (23時04分)

モンフィス 3カ月ぶり白星 (20時35分)

フリッツ、マレー撃破「光栄」 (18時15分)

女子国別対抗戦が有明で開催 (17時30分)

西岡「めっちゃアウェイ」 (14時31分)

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ (12時52分)

キリオス 2回戦でメドと対戦 (11時40分)

「セリーナを見て育った」 (10時42分)

セリーナ「さよならが苦手」 (9時58分)

前週準Vの西岡、初戦突破 (9時05分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsペール (7時45分)

大坂「開始直後に痛めた」 (7時42分)

18歳ガウフ 完勝で初戦突破 (7時22分)

ベレッティーニ 完敗で初戦敗退 (6時47分)

大坂なおみ 腰負傷で途中棄権 (6時13分)

【1ポイント速報】大坂vsカネピ (4時55分)

8月9日

元女王セリーナが引退示唆 (23時58分)

元世界3位 MP6本目で勝利 (20時07分)

パリ五輪 全仏OP会場で開催 (18時42分)

西岡良仁「素晴らしい1週間」 (17時03分)

ハチャノフ 単200勝達成 (15時42分)

フェルナンデス 2カ月ぶり白星 (15時18分)

ハレプ完勝「自信に繋がった」 (14時23分)

フェデラー41歳「歳とったなぁ」 (12時29分)

前週Vメド5位へ 最終戦ランク (9時14分)

ワウリンカ撃破「夢が叶った」 (8時27分)

セリーナ 14カ月ぶり白星 (7時28分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!