- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ベルロクがブレークをフルセットで撃破◇米男子クレーコート選手権

男子テニスツアーの米男子クレーコート選手権(アメリカ/ヒューストン、賞金総額44万2500ドル、クレー)は9日、シングルス1回戦3試合が行われ、第6シードのC・ベルロク(アルゼンチン)が元世界ランク4位のJ・ブレーク(アメリカ)に6-4, 2-6, 6-1のフルセットで勝利、2回戦に進出した。

ナイトセッションで行われたこの試合、世界ランク37位のベルロクが2度のブレークで第1セット5−1とリードすると、ブレークは1度だけブレークバックに成功したものの、結局、ベルロクがセットを先取する。

第2セットでは32歳のブレークが2度のブレークに成功すると、自身のサービスゲームを全てキープ、あっさりと1セットオールに追いつく。このセットの途中でベルロクはふくらはぎに不調を感じ、第7ゲームの直前にテーピングを施されていた。

左ふくらはぎに張りがあるとしたベルロクは、ファイナルセットが始まる前にコートを離れ、さらに治療を受けていた。

これが功を奏したのか、ファイナルセットのオープニングゲームこそブレークがキープしたものの、そこからはベルロクが一気に6ゲームを連取、2時間4分で初戦突破を決めた。

29歳のベルロクによると、ふくらはぎの痛みは10日ほど前から感じていたようで、この試合では序盤から張りを感じていたとのこと。

この他の試合ではS・クエリー(アメリカ)E・プロドン(フランス)に6-1, 6-4で勝利。またB・パウ(ドイツ)D・ジャンケラ(アルゼンチン)と対戦は、バウが6-1, 3-0とリードした場面でジャンケラが臀部の故障を理由に試合を棄権、バウが2回戦に進出している。

今大会の上位4シードは1回戦が免除されており、第1シードは疲労を理由に先週末に行われたデビスカップを欠場したM・フィッシュ(アメリカ)が、第2シードはJ・アイズナー(アメリカ)、第3シードはF・ロペス(スペイン)、そして第4シードはJ・モナコ(アルゼンチン)となっている。

この日はシングルス予選の決勝も行われており、添田豪(日本)T・ハース(ドイツ)と本戦出場権をかけて対戦が予定されていたが、試合前にハースが棄権したため、予選を突破している。添田は本戦1回戦で、伊藤竜馬(日本)と対戦する。

今大会の優勝賞金は7万9880ドル。

(2012年4月10日13時31分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!