- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーが父親になって初勝利◇ロジャーズ・マスターズ

男子テニスツアーのロジャーズ・マスターズ(カナダ/モントリオール、賞金総額300万ドル、ハード)は11日にシングルス2回戦4試合が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が主催者推薦のF・ニーマイヤー(カナダ)を7-6 (7-3), 6-4のストレートで下し、父親となっての初勝利を飾った。

今大会は上位8シード選手は2回戦からの登場となっているため、この日の試合がフェデラーにとって、ウィンブルドン決勝でA・ロディック(アメリカ)との死闘を制して以来、初の公式戦となった。先月、奥さんのミルカさんが双子の娘を出産していたため、同時に父親としての初の試合ともなった。

この日の試合では、対戦相手の33歳のニーマイヤーが今季限りでの引退を表明しているため、地元ファンからの声援を受け、第1セットはタイブレークへもつれる接戦となった。しかし、現在世界ランクが487位まで落ちているニーマイヤーは、そこでダブルフォルトを犯すなど第1セットを物にすることができず、そのまま第2セットはフェデラーに主導権を握られストレートで敗退する結果となってしまった。

両者は11年前、ツアー下部大会で1度対戦があり、その時もフェデラーがフルセットで勝利していた。「彼(ニーマイヤー)はとても良い人なんだ。現役を引退するのは悲しいことだけど、彼は幸せそうだから、今後も幸運を祈るよ。前回の対戦は観客が2、3人しかいない下部大会だった。外は雪が降っていたのを覚えている。その11年後に、こうして満員のモントリオールの会場で戦っているんだ」と、フェデラーは感慨深げだった。

ニーマイヤーも「会場の雰囲気は最高だった。この試合がここでの最後の試合となってしまった。でも出せる力の全てを出せたよ。最後なのは残念だけど、後悔はない。瞬間、瞬間をエンジョイできた」と、負けはしたものの満足感を味わっていた。

3回戦でフェデラーは、第16シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)を6-3, 6-4で下したA・ゴルベフ(カザフスタン)S・ワウリンカ(スイス)の勝者とベスト8入りを懸けて戦う。

その他、第3シードのA・マレー(英国)J・シャーディ(フランス)を6-4, 6-2で、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)P・ポランスキー(カナダ)を6-4, 7-6 (8-6)で、第8シードのN・ダビデンコ(ロシア)P・H・マチュー(フランス)を7-6 (7-4), 7-6 (7-2)と、いずれもストレートで下して3回戦へ駒を進めた。

マレーはL・ヒューイット(オーストラリア)を6-1, 6-4で退けたJ・C・フェレーロ(スペイン)と第13シードのG・モンフィス(フランス)の勝者と、ジョコビッチは予選勝者のJ・レヴィン(アメリカ)を6-3, 6-4で倒したJ・アイズナー(アメリカ)M・ヨージニ(ロシア)の勝者と、ダビデンコは予選勝者のM・ラオニックを4-6, 7-6 (8-6), 6-4の逆転で破った第11シードのF・ゴンサレス(チリ)I・カルロビッチ(クロアチア)を4-6, 7-6 (7-3), 6-4で振り切ったT・ハース(ドイツ)の勝者と8強入りを懸けて3回戦で顔を合わせる。

この日行われた1回戦残りの試合結果は以下の通り。

F・ベルダスコ(スペイン) (10) ○-× F・ロペス(スペイン), 6-1, 6-7 (5-7), 6-1
T・ロブレド(スペイン) (15) ○-× A・ボゴモロフJR(アメリカ), 6-4, 6-2
J・ヘルニチ(チェコ共和国) ○-× J・ベネトー(フランス), 6-2, 6-3
A・ファリャ(コロンビア) ○-× D・セラ(イスラエル), 6-4, 3-6, 6-3
V・ハネスク(ルーマニア) ○-× J・メルツァー(オーストリア), 6-4, 6-3
P・コールシュライバー(ドイツ) ○-× T・ベルディフ(チェコ共和国) (17), 7-6 (7-5), 6-7 (9-11), 6-4
D・フェレール(スペイン) ○-× V・トロイキ(セルビア), 6-3, 6-0

今大会の優勝賞金は44万3500ドル。

(2009年8月12日14時38分)
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!