- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーとナダルが揃って出場◇ロジャーズ・マスターズ

男子テニスツアーのロジャーズ・マスターズ(カナダ/モントリオール、賞金総額300万ドル、ハード)は10日に開幕し、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)のトップ2が全仏オープン以来となる同時エントリーを果たし、注目を集めている。

ウィンブルドンでA・ロディック(アメリカ)との壮絶な決勝戦を制して以来となるフェデラーは、7月23日に双子の娘の父親になっており、出産を見守るために大会へのエントリーは控えていた。上位8シード選手は2回戦からの登場となっているため、フェデラーの初戦は火曜日のナイトマッチで主催者推薦のF・ニーマイヤー(カナダ)と行われる。

現在世界ランク487位のニーマイヤーはこの日、同39位のI・クニツィン(ロシア)を7-5, 6-1と地元の声援を力にストレートで下し、2回戦でフェデラーとの対戦を決めた。今季で引退を表明している33歳のニーマイヤーは、王者との戦いに喜びを隠せない。

「地元の大勢のファンの前でロジャー(フェデラー)と対戦できるなんて、こんな光栄なことはないよ。彼はテニス史上最高と言える選手。そんな選手とテニス人生の最後に戦えるだなんて、本当に特別な思い。勝ちに行くだけさ」と興奮気味に語っていた。

ナダルはシングルスに先駆けてこの日、同胞のF・ロッチュと組んだダブルス1回戦で観客の前に元気な姿を見せた。負けなしだった全仏オープンで、R・ソデルリング(スウェーデン)にまさかの4回戦負けを喫してから、両膝の怪我の治療に専念していたナダルだが、N・ジョコビッチ(セルビア)D・ベミッチ(セルビア)組を7-5, 6-4のストレートで下して怪我の不安を払拭した。

ナダルは火曜日にもダブルスの試合に登場する。シングルス初戦の2回戦は火曜日に行われるD・フェレール(スペイン)V・トロイキ(セルビア)の勝者と水曜日以降に行われる。

その他、今季限りでの引退を表明しているM・サフィン(ロシア)もこの日の1回戦に登場したが、初戦突破とはいかなかった。試合は第13シードのG・モンフィス(フランス)がサフィンを6-2, 3-6, 6-2のフルセットで退けた。

勝ったモンフィスは「彼(サフィン)のことは尊敬しているんだ。素晴らしいキャリアを築いてきた。年齢を重ねて毎週ベストのプレーをするのは厳しくなって来ているのかも知れないけど、それでも彼は脅威的な選手さ」と、サフィンへの尊敬の念を語っていた。

その他のシード選手は、第9シードのG・シモン(フランス)が主催者推薦のF・ダンチェビッチ(カナダ)を6-1, 6-2のストレートで下して順当に2回戦進出を決めたが、第14シードのM・チリッチ(クロアチア)M・ヨージニ(ロシア)に6-4, 6-7 (4-7), 1-6の逆転で破れ、早くも大会を後にした。

シモンはD・セラ(イスラエル)と予選を勝ち上がったA・ファリャ(コロンビア)の勝者と、ヨージニはJ・アイズナー(アメリカ)と予選を勝ち上がったJ・レヴィン(アメリカ)の勝者と2回戦を行う。

その他の試合結果は以下の通り。

P・ポランスキー(カナダ) ○-× B・アゴスティネッリ, 6-3, 7-6 (8-6)
I・アンドレエフ(ロシア) ○-× D・ツルスノフ(ロシア), 5-5, 棄権
R・シュトラー(ドイツ) ○-× F・セラ(フランス), 6-4, 6-0
P・H・マチュー(フランス) ○-× G・ガルシア=ロペス(スペイン), 7-5, 0-6, 6-1
J・シャーディ(フランス) ○-× ルー・イェンスン(台湾), 6-7 (5-7), 6-3, 6-4
S・ワウリンカ(スイス) ○-× N・キーファー(ドイツ), 6-4, 6-1
P・ペッツシュナー(ドイツ) ○-× S・クエリー(アメリカ), 7-5, 6-3
L・メイヤー(アルゼンチン) ○-× M・ズベレフ(ドイツ), 7-6 (8-6), 6-3

今大会の優勝賞金は44万3500ドル。

(2009年8月11日15時10分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!