【1ポイント速報】シナーvsディミトロフ

ゲッティイメージズ
(左から)シナーとディミトロフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は3月31日、シングルス決勝が行われ、第2シードのJ・シナー(イタリア)が第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を6-3,6-1のストレートで破り、大会初優勝を果たすとともに、4月1日付の世界ランクで自己最高となる2位に浮上することが確実となった。

>>シナーvsディミトロフ、マイアミOP決勝 1ポイント速報<<

>>シナー、ディミトロフらマイアミOP組合せ<<

>>コリンズ、ルバキナらマイアミOP組合せ<<

両者は過去3度顔を合わせており、対戦成績はシナーから2勝1敗。直近では昨年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)準々決勝で対戦しており、この時はシナーが6-4, 3-6, 6-2のフルセットで勝利した。

世界ランク3位で22歳のシナーが同大会に出場するのは4度目。最高成績は2021年と昨年の準優勝となっている。

今大会は初戦の2回戦で同148位のA・ババソリ(イタリア)、3回戦で第25シードのT・フリークスポール(オランダ)、4回戦で同66位のC・オコネル(オーストラリア)、準々決勝で同60位のT・マハーチ(チェコ)、準決勝で第3シードのD・メドベージェフを下し、2年連続で決勝に駒を進めた。

一方、同12位で32歳のディミトロフが同大会に出場するのは13度目。これまでの最高成績は4回戦進出だったものの、今大会では初戦の2回戦で同44位のA・タビロ(チリ)、3回戦で同56位のY・ハンフマン(ドイツ)、4回戦で第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)を破り初の8強入り。

その後、準々決勝で第1シードのC・アルカラス(スペイン)、準決勝で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)を破り、同大会初の決勝進出を果たした。

決勝ではどちらが勝っても同大会初優勝となる。

なお、シナーは優勝すると世界ランク2位に、ディミトロフは優勝すると世界ランク7位に浮上する。

[PR]WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)~4/1(月)「ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)~4/7(日)「ATPツアー 250 ヒューストン」


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・錦織 圭「楽しんでます」引退は否定
・大坂 なおみ 2年ぶりクレー大会出場へ
・昨年引退の国枝 慎吾が現世界1位撃破しV

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年4月1日3時57分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)