地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手

ゲッティイメージズ
ASBクラシックでのタビロ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのモビスター・チリ・オープン(チリ/サンティアゴ、レッドクレー、ATP250)は2日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのA・タビロ(チリ)が予選から出場した世界ランク140位のC・ムーテ(フランス)を4-6,6-4,7-5の逆転で破り、決勝進出を果たした。

>>デミノーが優勝 アカプルコ組合せ<<

今年1月のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)でキャリア初優勝を飾っている26歳で世界ランク51位のタビロ。今大会は初戦の2回戦で同111位のT・バリオス=ベラ(チリ)、準々決勝で同80位のL・ダルデリ(イタリア)を下し4強入りした。

この試合、タビロは第1セットを落としたものの、第2セットでは2度のブレークを奪いセットカウント1-1に追いつく。ファイナルセットでは1度ずつブレークを取り合い終盤に突入するも、6-5で迎えた第12ゲームで3度目のマッチポイントを決め切り勝利。2時間32分の激闘の末にタイトルに王手をかけた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはタビロのコメントが掲載されている。

「彼(ムーテ)はとても才能のある選手で、いろいろなプレーを見せてくれるだろうと思っていた。あのような選手と対戦するのは、いつもタフなことだけど、今日は観客に助けられたよ」

タビロは決勝で第2シードのS・バエス(アルゼンチン)と対戦する。23歳のバエスは準決勝で世界ランク101位のP・マルティネス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。バエスは前週のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)で優勝を飾っており、ツアー2週連続制覇まであと1勝に迫った。

また、タビロは同日行われたダブルス決勝にも登場し、バリオス=ベラとのペアでO・ルス(ブラジル)/ M・ソト(チリ)組を6-2,6-4で撃破。明日のシングルス決勝はツアー単複2冠をかけて戦うことになる。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年3月3日16時42分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)