マレー激闘制す「疲れ感じる」

ゲッティイメージズ
アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク47位のA・マレー(イギリス)が同306位のS・ワウリンカ(スイス)を7-6 (7-3), 5-7, 7-5のフルセットで破り、3年連続の初戦突破を果たした。試合後には「体力的には疲れを感じるよ」と明かしている。

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

2008年と2011年に優勝をおさめている元世界1位のマレー。前々週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)、前週のナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)と2週連続で初戦敗退となっていた。

この試合、マレーはファーストサービスが入ったときに80パーセントの確率でポイントを獲得。第1セットをタイブレークの末に先取するも第2セットでは2度のブレークを許し、1セットオールとされる。それでもファイナルセット、終盤で3ゲームを連取し、2時間57分の激闘を制した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにマレーのコメントを掲載し「こんな天気だと、コートはかなりにぎやかだね。試合中、ワシントンと同じように痙攣を起こすことがあったので、その点は気をつけなければならない」と語った。

「ネットでポイントを仕留めることを心掛けた。あまり成功しなかったけど意思はあった。セカンドサーブのリターンでもう少し攻めたかったね。最後のゲームはただ戦って、突破口を見つけようとしていた」

勝利したマレーは2回戦で第9シードのC・ノリー(イギリス)と対戦する。ノリーは1回戦で世界ランク26位のH・ルーネ(デンマーク)を7-6 (7-5), 4-6, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

ノリーとの2回戦については「彼(ノリー)は左利きでスタン(ワウリンカ)のプレーとは全く違うね。バックハンドはフラットで、フォアハンドは重いトップスピンをかける。僕たちはコート上で少し、共に過ごしてきたので僕にとってはあまりサプライズはないだろうね」と述べた。

同日には第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第14シードのM・チリッチ(クロアチア)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らが2回戦に駒を進めている。




■関連ニュース

・マレー初戦突破 ワウリンカ撃破
・ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退
・マレー敗退「残念な結果」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年8月16日9時00分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)