ハードコートでの最多勝を獲得

ゲッティイメージズ
世界ランク8位のルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは22日、世界ランク8位のA・ルブレフ(ロシア)のハードコートでの活躍を分析。昨シーズン、同サーフェスでは最多勝となる31勝を達成するとともに、直近52週間で勝率トップ3に位置していると掲載した。

>>YouTube バッグの中を全部公開【日比野 菜緒】 コロナ禍のオーストラリアとは、缶詰め状態から練習再開<<

>>錦織ら ATPカップ対戦表<<

23歳のルブレフは2020年シーズンだけで5つのツアータイトルを獲得。世界ランクに関しては23位から8位にまで浮上し、シーズン最終戦であるNitto ATP ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への初出場も果たすなど大きく躍進した1年となった。

また、ハードコートに限れば昨年はシングルス31勝を達成。この数字はN・ジョコビッチ(セルビア)の30勝、D・メドベージェフ(ロシア)の28勝、A・ズベレフ(ドイツ)の25勝を上回り最高勝利数となっている。

ATPによるとルブレフは、直近52週間のハードコートの勝率で79.5パーセントを記録。これはジョコビッチの88.2パーセント、G・モンフィス(フランス)の80パーセントに次ぐ3番目の高水準となった。

2020年のブレイクより以前、2014年から2019年のルブレフはハードコートでの勝率は54.5パーセントだったものの、昨年から急上昇。キャリア全体ではシングルス132勝のうち103勝をハードコートであげている。

今後ルブレフはメドベージェフらとともに、2月1日に開幕する国別対抗戦ATPカップ(オーストラリア/メルボルン、ハード)にロシア代表として参加し、予選ラウンドロビンではアルゼンチン、日本と対戦する。

<2020年のハードコートでの勝率ランキング>
※左から勝利数、敗戦数、勝率

1 N・ジョコビッチ:30勝4敗、88.2パーセント
2 G・モンフィス:16勝4敗、80パーセント
3 A・ルブレフ:31勝8敗、79.5パーセント
4 D・メドベージェフ:28勝8敗、77.8パーセント
R・ナダル(スペイン):18勝6敗、75パーセント

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ルブレフ「検査陰性だった」
・ルブレフ 今季5勝目「特別」
・今季躍進ルブレフを4項目で総括

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年1月23日16時03分)
その他のニュース