「厳しい戦い」とメドヴェデフ

ゲッティイメージズ
サンクトペテルブルクOPでのメドヴェデフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは25日、エルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)に第4シードとして挑むD・メドヴェデフ(ロシア)のコメントを掲載した。

>>ジョコらエルステ・バンクOP対戦表<<

>>ラケットバッグの中を公開【田島 尚輝】インタビュー後編<<

24歳で世界ランク6位のメドヴェデフは今季ツアー優勝こそないものの、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4回戦に進出。新型コロナウイルスによる中断明けに開催された全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではベスト4へ駒を進めるなど活躍した。

しかし、その後はハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)で初戦敗退を喫すると、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でも1回戦で敗退。サンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、室内ハード、 ATP500)では2回戦でR・オペルカ(アメリカ)に逆転負けするなど勢いを落としている。

それでも、メドヴェデフは公式サイトで「僕は本当にやる気に満ち溢れているよ。残された大きなポイントは今回の『ATP500』『マスターズ1000(パリ)』そしてロンドンでの『ATPファイナル』だけだ。だからそれまでは良い練習をして、良いプレーをしたいと思っている」とモチベーションの高さを語った。

また、現在開催中のエルステ・バンク・オープンにはメドヴェデフの他に世界ランクトップ10からN・ジョコビッチ(セルビア)D・ティーム(オーストリア)S・チチパス(ギリシャ)A・ルブレフ(ロシア)ら4名が参戦。「ATP500」カテゴリーとしては今季最大規模のし烈な争いが繰り広げられることとなった。

「ここウィーンの大会は、シード選手と全選手のランキングを見ると本当に強い大会だ。1回戦から本当に厳しい戦いが見られると思う。もし、準決勝でドミニク(ティーム)と会うことができたら素晴らしい試合になるだろうね」

メドヴェデフは1回戦で世界ランク25位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦予定だったが、デ ミノーが棄権を発表。代わりにラッキールーザーで出場する世界ランク127位のユング・ジェイソン(台湾)と対戦する。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・メドヴェデフ、ティームを称賛
・コーチ語る ティームの強さ
・メドヴェデフ 過去の苦労語る

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月27日10時23分)
その他のニュース