錦織、右肩負傷で再び棄権

ゲッティ イメージズ
棄権した錦織
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は26日、世界ランク37位の錦織圭が右肩の負傷で棄権したことを発表した。27日には1回戦で第2シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦予定だった。

>>ジョコらエルステ・バンクOP対戦表<<

錦織は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)2回戦敗退後の会見で「肩は若干心配です。結構痛みが出始めて、ちょっとサーブがきつかった」とコメントしていた。

前週のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)では出場予定だったものの、直前になり右肩の負傷で棄権を発表していたため、2週連続での大会不出場となった。

錦織の代わりには世界ランク529位のV・サフコ(ウクライナ)がラッキールーザーで本戦入りし、ティームと1回戦で顔を合わせる。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ティーム「対応選手が勝つ」
・コーチ語る ティームの強さ
・ティームが制覇「最高の雰囲気」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月27日23時40分)
その他のニュース