ナダル リターン2部門で1位

ゲッティイメージズ
ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは11日に公式サイトで、世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)の4部門でのリターンゲームポイント獲得率を掲載した。

<YouTube>「錦織はコートで強いのに・・・」 【日比野】憧れの選手語る

<YouTube>ツイッターやめた理由を告白 【日比野 菜緒】心に傷を負った過去とは

>>YouTube テニス365チャンネル<<

33歳のナダルは今シーズン、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、 グランドスラム)で優勝を飾る。また年間最終の世界ランキングで歴代最年長の1位になるなど好調の1年となった。

ATPの公式サイトに掲載されたリターンゲームポイント獲得率で、ナダルは2部門で1位に。その他は2位、3位となった。

ナダルのリターンポイント獲得率は以下の通り。
[]内はツアー内でのランキング。

■ファーストサービスリターンポイント獲得率 34.9% [1]

■リターンゲーム獲得率 35% [1]

■セカンドサービスリターンポイント獲得率 55.9% [2]

■ブレークポイント獲得率 45% [3]




■関連ニュース

・ナダル「錦織は疲れていた」
・ナダル 結婚式「特別な日」
・ナダル「これ以上の幸せない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年12月13日11時01分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)