国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ語る ティーム引退の噂

ノヴァーク・ジョコビッチ、ドミニク・ティーム
ジョコビッチとティーム(2020年)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)に第1シードとして出場する世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が8日、記者会見に登場。7日にオーストリアのメディアが報じた元世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)の引退の噂について言及し「彼はこのスポーツにとって非常に重要な選手」と語った。

>>大坂 なおみvsコスチュク 1ポイント速報<<

>>ナダルvsベルグス 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁、ジョコビッチ、ナダルらBNLイタリア国際組合せ<<

36歳のジョコビッチは今季、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では準決勝でJ・シナー(イタリア)に屈し敗退。約1ヵ月半の休養を挟み臨んだBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では1試合に勝利したものの、3回戦でL・ナルディ(イタリア)にフルセットで敗れた。

そしてクレーシーズン初戦となった先月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)はL・ムセッティ(イタリア)A・デ ミノー(オーストラリア)に勝利したが、準決勝でC・ルード(ノルウェー)に敗れた。

そこから休養と調整を行い、約1ヵ月ぶりの復帰戦となるジョコビッチ。BNLイタリア国際では過去6度優勝を果たしており、今大会初戦の2回戦では世界ランク39位のR・サフィウリンとラッキールーザーで出場する同83位のC・ムーテ(フランス)のどちらかと対戦する。

大会の公式YouTubeはジョコビッチの会見の様子を公開。同大会に向けては「休養とトレーニングの時間は充分にあった。ローマでは、モンテカルロよりもいいプレーができることを願っている」とコメントした。

また、7日にオーストリアメディア『Salzburger Nachrichten』が報じた元世界ランク3位ティームの引退の噂について質問を受け次のように答えている。

「そんなことは聞いていない。本人が公表しない限り、引退についてはコメントしない。でも、彼について話すことはできる。まず第一に彼は素晴らしい男、良い人で良いマナーと良い価値観を持ち、家族思いで、いつも挨拶に時間を割いてくれるし、コート上でもコート外でも常に敬意を示してくれる人だ」

「僕はドミニク(ティーム)が本当に好きだ。怪我に苦しんだ困難な時期を経ても決して諦めず、グランドスラムで優勝した頃のようなトップレベルに戻ろうと努力しているのは素晴らしい。もちろん、復帰の難しさは誰もが理解している。というのも、僕自身、2018年に肘の大怪我を負い、そこからの復帰を試みていたからだ。そういう気持ちはよく分かる。幸いなことに僕はその6・7カ月後に何とか復帰し、望ましいレベルを見つけることができたよ」

「彼はランキングを上げ、テニスのレベルを見つけるのに数年間苦労している。彼の気持ちは分かるし、彼の成功を祈っている。僕たちはテニスファンとして、また彼の同僚として、彼がそのレベルに達することを望んでいる。華麗なショット、信じられないような片手バックハンド、フォアハンド、コートにもたらすパワーと激しさ。彼はこのスポーツにとって非常に重要な選手でもある。でも、いつまでプレーするかは本人が決めることだから、本人にしか分からないよ」

また、ジョコビッチは現在ツアーでのマッチ勝利数で1098を記録。これはJ・コナーズ(アメリカ)の1274勝、R・フェデラー(スイス)の1251勝に続き歴代3位となっている。今大会で大台となる1100勝に到達することができるか、マッチ勝利数にも注目が集まる。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・ティーム今季で引退か 地元紙報道
・1ヵ月ぶり復帰ジョコ「休養充分」
・ジョコvsナダル、ローマでの実現は?

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月9日18時00分)

その他のニュース

6月18日

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【速報中】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!ジェンがフルセットの熱戦制す (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!