国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

Growing2023 Final by HEAD開催

head
「Growing2023 Final by HEAD」の様子
画像提供: ©️Growing Final
先月27日、28日の2日間で『Growing2023 Final by HEAD』が静岡県伊伊東市の小室山公園テニスコートにて開催された。

>>西岡 良仁、ダニエル 太郎らダラスOP組合せ<<

>>大坂 なおみら出場アブダビOP組合せ<<

今大会は、日本全国で地区予選を行い、各カテゴリーの優勝・準優勝者が集う決勝大会となっており、各世代の強豪たちが一同に集う。また、例年11歳以下の部は翌年度の全国大会を目指す選手たちの前哨戦としての呼び声高く、実際、2022年度の今大会男子決勝は2023年度の『全国選抜ジュニアテニス選手権』の決勝カードと同じものになっている。

しかし、大会が目指しているところとしては戦績だけではない。子どもたちがテニスを通して健全な心身を培うことにある。会場の広場には球入れ、モルック、ボッチャといったスポーツ体験コーナーがあり、ウォームアップトレーナー、コンディショニングトレーナーも配備、キッチンカーで地元伊東のグルメを含めた食を楽しむなど、テニスのウェルビーイングを創出している。

試合は参加人数146名(25都府県)のジュニアが11歳以下、13歳以下、15歳以下のカテゴリーに分かれ、初日にリーグ戦、2日目はトーナメント戦を戦った。また、10歳以下の初級者大会「スクスクのっぽくんカップ」も同時開催された。

真冬ではあるものの、温暖な伊東市の日差しを浴びてプレーする選手たち。半袖、短パンでプレーする人も多くいた。また、HEADの試打会や26日には秋山みなみプロ、27日には吉田伊織プロ、28日には西脇一樹プロが来場し、クリニックを行うなど1日を楽しんでいた。

熱い試合を繰り広げた結果は下記のとおり。優勝者にはHEAD JAPANより1年間の用具貸与契約が副賞として授与される。また、クロアチアのリュビチッチテニスアカデミーへ招待されるMVPには羽生田杏(グリーンテニスプラザ)が選出された。

<11歳以下>

女子優勝:亀田佳乃(TEAM YONEZAWA 名古屋)、準優勝:宮本珠莉愛(桜台庭球塾)
男子優勝:岡田悠希(京王赤城アカデミー)、準優勝:矢作颯麻(グリーンテニスプラザ)

<13歳以下>

女子優勝:羽生田杏(グリーンテニスプラザ)、準優勝:濵野悠來(コスパ神崎川)
男子優勝:山崎あさひ(SYSテニスクラブ)、準優勝:大政光輝(パブリックTE)

<15歳以下>

女子優勝:島袋陽華(LYNX TA)、準優勝:福井瑠奈(Z-II)
男子優勝:羽生田琉碧(新座ローンテニスクラブ)、準優勝:木村莉仁(新座ローンテニスクラブ)

<優勝者のコメント>

13歳以下男子優勝の山崎あさひ
「去年も優勝(11歳以下の部)したので、今年も優勝できてうれしいです。この大会は試合以外でも楽しいので連続して出場しました。今回はトレーニングがとても面白くて、何回も参加しました。これから14歳以下の部の全国予選に出場するので、そこでも結果が残せるように頑張ります!」

13歳以下女子優勝の羽生田杏
「この大会では一昨年が準優勝(11歳以下の部)、昨年が優勝(13歳以下の部)といい成績が出せているので今年も優勝できてうれしいです。たくさん試合ができて良かったですし、吉田伊織プロのイベントにも参加できてとても楽しかったです。将来は世界で活躍できるような選手になりたいです」

【大会概要】
大会名称:Growing 2023 Final
開催日:2024年1月27日(土)予選リーグ、28日(日)本戦トーナメント
会場:小室山市営テニスコート(静岡県伊東市川奈1260)
サーフェス:オムニコート
参加資格:2023年地区大会で出場権を取得した選手/大会本部が推薦する者
試合方法:1セットマッチ6-6オール後、7ポイントタイブレーク(デュースあり)
使用球:HEAD PRO
後援:伊東市、静岡第一テレビ、中日新聞東海本社、KーMIX
協賛:HEAD、 株式会社 ジューワー、 Spikes Unleashed、アスリートブランド

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。





■関連ニュース

・史上初!全試合逆転で優勝
・シリア難民選手が初白星「練習中に銃声」
・絶好調で今季早くも2度目V

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年2月5日19時09分)

その他のニュース

5月19日

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

【告知】ダニエル太郎 予選決勝 (12時25分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

5月16日

第1シード秋田史帆 8強入り (20時39分)

険悪ムードも20戦19勝1敗で4強 (18時45分)

西岡良仁 2日遅れで1回戦へ (16時26分)

ローマ4強 トップ3シードが健在 (15時48分)

3試合以上できる!平日シングルス大会 (15時24分)

快勝で2年ぶり4強 盤石のプレー披露 (14時28分)

【YouTube】マレー、ラケットをHEADからYONEXに変更?! 第1回「テニス Weekly News」 (14時02分)

WOWOW 特別企画の配信がスタート (12時00分)

「今が人生最高のテニス」快進撃で4強 (10時58分)

ズベレフ Big3に次ぐクレー記録に到達 (10時15分)

マレー 相手途中棄権で復帰戦白星 (8時31分)

ダニエル太郎 エルベール下し初戦突破 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!