国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

関口「試合前から涙出そう」

関口周一
関口周一が仁木拓人に勝利
画像提供: tennis365.net
日本テニスの頂点を争う大会、大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権97th(東京/有明、ハード)は26日、男子シングルス3回戦が行われ、第4シードの関口周一(Team REC)が今大会限りでの現役引退を表明している仁木拓人(三菱電機)を3-6, 6-3, 6-4のフルセットで破り、4年ぶり4度目の準々決勝進出を果たした。仁木は、この試合がシングルスのラストマッチとなった。

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

全日本テニス選手権に12度目の出場の関口は、2014年にベスト8、2016年から2018年に3年連続でベスト4進出を果たしている。今大会は2回戦から登場し、田島尚輝(やまやコミュニケーションズ )を6-4, 7-6(7-4)で破って勝ち上がった。

一方の仁木は同大会に16年連続16度目の出場で、2010年にベスト4、2018年にベスト8進出を果たしている。今大会、仁木は1回戦で鈴木昂(エキスパートパワーシズオカ)を6-0, 7-5で、2回戦で第16シードの住澤大輔(フリー)を6-3, 6-4のストレートで破って3回戦に進出した。

手の内を知り尽くした両者の試合は、仁木が第1セットを先取するも関口が第2セットを奪い、ファイナルセットに突入。関口が第3ゲームでブレークに成功し、リードを守ってベスト8進出を決めた。

試合後の記者会見で関口は「仁木選手とは同じ時期にプロになって切磋琢磨してきたので、今大会で引退するということで勝ちたい気持ちと頑張ってもらいたい気持ちが両方あって。とにかく自分が勝ちにいくんだという気持ちを持ち続けることが1番大事だなと思って試合はしていました」と語った。

「試合に入る段階から涙が出そうになっていて、コートに入った瞬間に『どうしよう』と思って。ラケットいじりながら(顔を拭ったり)してたんですけど。一緒にチャレンジャーもフューチャーズも一緒に回っていた選手で仲も良かったので、そういう点では難しかったですね」


会見中、笑顔で語る関口[画像:tennis365.net]

「テニスに関しては、体力的に仁木選手が厳しいのは分かっていたので。ファーストセットは仁木選手がすごいプレーをしていたので(落としたのは)しょうがないと思って、僕としては3セットで見て、2セットで勝つ必要はないので3セットかけてじわりじわりと体力を削っていって勝てればいいかなと思ってプレーしていたので内容としては良かったと思います」

試合終了後、涙を流しながら抱き合った両者。その時に交わした言葉について問われると「泣いちゃって(2人とも)何言ってるか分からなかったです(笑)。(最後のポイントで)スマッシュを決めて仁木選手が(ネットに)歩いてきた瞬間にもうダメでしたね(笑)」


試合後、抱き合う仁木と関口[画像:tennis365.net]

勝利した関口は準々決勝で、第7シードの川上倫平(橋本総業ホールディングス)と対戦する。

また仁木は柚木武(イカイ)とのペアで第4シードとしてダブルスに出場しており、準々決勝に進出している。




■関連ニュース

・添田と戦いたいから「出場」
・錦織とフェデラー 有明で共演
・原﨑 朝陽「気合で乗り切った」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月26日18時00分)

その他のニュース

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!