国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【錦織特集13】ナダルとの初対戦、クイーンズ2008

錦織圭
2008年クイーンズの錦織圭
画像提供: ゲッティイメージズ
tennis365.netは世界ランク31位の錦織圭が今までツアーで戦った試合を特集。14日は2008年6月のステラ・アルトイズ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP250)3回戦の錦織 vs R・ナダル(スペイン)に注目する。

当時18歳で世界ランク113位の錦織は同2位のナダルと初対戦。同大会初出場で1回戦をA・ファリャ(コロンビア)、2回戦をO・パシャンス(フランス)に勝利していた。

同年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で予選から勝ち上がりキャリア初タイトルを獲得した錦織は、ナダルに対して4-6, 6-3, 3-6と黒星となるも善戦。世界トップへ戦えるポテンシャルを世界へ示した。

第1セット、錦織はナダルと互角のラリー戦を繰り広げてサービスキープを続ける。第7ゲームでは高くジャンプしながら打つフォアハンドを決めるなどするも、ナダルにボレーを決められてブレークを許しセットを落とす。

しかし第2セットを取り返して試合はファイナルセットへ。長いストローク戦を制する場面を見せる錦織だったが、第4ゲームでナダルにドロップショットでブレークポイントを取られて崖っぷちとなる。

その後フォアハンドのミスが重なりチャンスを見出せずナダルのマッチポイントを迎える。強烈なサービスをワイドに放たれ、錦織は返球できずに2時間4分で力尽きた。

勝利したナダルは準々決勝でI・カルロビッチ(クロアチア)、準決勝でA・ロディック(アメリカ)、決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)を下してタイトルを獲得。さらに同年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)決勝ではR・フェデラー(スイス)に勝利し初優勝。初の世界ランク1位の座へ輝いた。




■関連ニュース

・【錦織特集11】フェデラーと芝で初対戦、ハレ2014
・【錦織特集2】絶体絶命から勝利 全仏2019
・【錦織特集1】ナダルとの全仏2019

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月14日11時58分)

その他のニュース

1月18日

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!