国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【錦織特集5】チョンとの激闘 全仏2017

錦織圭
チョンに勝利した瞬間の錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
tennis365.netは世界ランク31位の錦織圭が今までツアーで戦った試合を特集。6日は2017年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)3回戦の錦織vsチョン・ヒョン(韓国)に注目する。

第8シードの錦織はこの年、1回戦でT・コキナキス(オーストラリア)を逆転で下すと2回戦ではJ・シャルディ(フランス)をストレートで撃破し3回戦べ駒を進めた。

初対戦となった錦織とチョン。錦織は第1・第2セットを先取するも、第3セットではタイブレークを落とし流れがチョンへ。その後雨天により翌日へ順延となった。

再開後の第4セットも落としファイナルセットに突入する苦しい展開。しかし、最後は錦織が取り切り、計3時間51分の熱戦を制した。試合結果は錦織の7-5, 6-4, 6-7 (4-7), 0-6, 6-4。

試合後、錦織は「昨日は雨が降っていなかったら100パーセント負けていたので、運を使いながら気持ちを切り替えてプレー出来た。メンタル的に回復する時間があった。今日はなるべく気持ちを切り替えた。出だし(第4セット)は取られたけど、守っていても勝てない選手。崩しにかからないと崩せない選手だったから、攻撃的にプレー出来たのが勝因だったと思う」と語った。

錦織は4回戦でF・ベルダスコ(スペイン)と対戦。0-6, 6-4, 6-4, 6-0の逆転で破り、2年ぶり2度目の全仏オープンベスト8進出を決めた。

準々決勝では第1シードのA・マレー(イギリス)と顔を合わせたが、6-2, 1-6, 6-7 (0-7), 1-6の逆転で敗れて姿を消した。

2017年の全仏オープンは準決勝でマレーを下したS・ワウリンカ(スイス)D・ティーム(オーストリア)を破ったR・ナダル(スペイン)が決勝で激突。ナダルがストレート勝ちをおさめ10度目の大会制覇を達成した。

今シーズンの全仏オープンは本来、5月24日から6月7日にかけて開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて9月20日から10月4日までの開催へ延期が発表されている。




■関連ニュース

・【錦織特集1】ナダルとの全仏2019
・【錦織特集2】絶体絶命から勝利 全仏2019
・【錦織特集3】ティームとの全仏2018

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月6日12時14分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!