- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム 激闘制し初戦突破

ドミニク・ティーム
初戦突破を果たしたティーム
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は30日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク32位のM・ラオニッチ(カナダ)を7-6 (7-5), 5-7, 6-4のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

>>ジョコらパリ・マスターズ対戦表<<

上位16シードは1回戦免除のためこの試合が初戦となったティームは、タイブレークを制し第1セットを先取するも、第2セットではラオニッチにサービスエースを10本決められるなど苦戦。第12ゲームでは試合を通して初めて自身のサービスゲームをブレークされセットカウント1−1に追いつかれる。

それでも、ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに95パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど、過去1勝2敗と負け越しているラオニッチにブレークを許すことなく、2時間38分の激闘の末に勝利した。

昨年の同大会で4強へ駒を進めている26歳のティームは、ベスト8進出をかけて、3回戦で第12シードのD・ゴファン(ベルギー)と世界ランク27位のG・ディミトロフ(ブルガリア)のどちらかと対戦する。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ティームV「信じられない」
・大坂 なおみ「今季は『U』」
・ナダル 結婚式「特別な日」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年10月30日22時46分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!