- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ「今季は『U』」

大坂なおみ
棄権を発表した大坂なおみ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子プロテニス協会のWTAは29日に公式サイトで、資生堂WTAファイナルズ・深セン(中国/深セン、室内ハード)に第3シードで出場した大坂なおみが右肩の負傷により棄権すると発表した。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトには、大坂のコメントが掲載されており「最終戦の棄権は2度目で、理想的なものではない。前回棄権した時は少なくともプレーできた。途中棄権だった。いいプレーができていたと思っていたから悔しい。本当にここで勝ちたかった」と悔しさを語った。

大坂は27日に行われた予選ラウンドロピンで第6シードのP・クヴィトバ(チェコ)をフルセットで破っていた。

今シーズン、大坂は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげた。その後は勝利に恵まれない時期が続くも、東レ パン・パシフィック・オープン(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)とチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、WTAプレミア・マンダトリー)で2大会連続の優勝を果たしていた。

「毎年最後の会見で今季はどうだったかと聞かれるけど、答えはいつも『1年を通してもっと安定していたい』になる。今季は『U』という感じだった。年始の全豪オープンは素晴らしかった。ヨーロッパシーズンは底辺のような感じで、アジアシーズンはまたよくなった」

「驚くことに、今年は昨年よりいいシーズンだったと思う。去年よりも今年の方が泣いていたとしても。そのようには見えなかったとしても、自分に起こっていることに変化をつける機会があった」

「自分自身に最も誇りを感じたのは全米オープン後に目標を立てたこと。アジアシーズンには目的を持っていた。シーズンをさっさと終わらせてしまうこともできた。なぜなら普段はグランドスラムのためにプレーをするから」

「でも今回はゴールがあって、アジアシーズンの大会で優勝することができた。それが今シーズンのいい出来事。ウィンブルドンは最悪だった、今までで最も気持ちが落ち込んでいた」

「正直、今はとてもハードにトレーニングをしたい。昨年のオフシーズンは全豪オープンに向けたくさんを練習した。グランドスラムには万全の状態で臨みたかったし、またそうしたい」

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂 父助言は「冷静に」だけ
・錦織11位へ TOP10陥落

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年10月30日9時33分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!