- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

逆転勝ちで四大大会初8強へ

ギド・ペラ
8強入りを果たしたペラ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス4回戦が行われ、第26シードのG・ペラ(アルゼンチン)が第15シードのM・ラオニッチ(カナダ)を3-6, 4-6, 6-3, 7-6 (7-3), 8-6の逆転で破り、四大大会初のベスト8進出を果たした。

>>錦織vsフェデラー 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

この試合の第1・第2セット、ペラはラオニッチの強力なサービスに苦戦。ブレークチャンスを握ることができずに落とし、崖っぷちに追い込まれる。しかし、第3セットで息を吹き返すと、セットカウント2−2で迎えたファイナルセットでは8本のサービスエースを決められながらも1度のブレークに成功。ラオニッチとの初対戦を3時間42分で制した。

試合後の記者会見でペラは「試合の序盤は、彼(ラオニッチ)とはこれまで対戦していなかったからよく分からなかった。ビッグサービスがあるのは知っていた。しかし試合が長くなれば、彼のサービスに対して自分のテニスがより向上するのは分かっていた。第3セット以降はより一層良いリターンをし始めたと思う。彼もそれを感じていたと思う」と振り返った。

29歳のペラは四大大会初の4強入りをかけて、準々決勝で第23シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。バウティスタ=アグは4回戦で第28シードのB・ペール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのR・ナダル(スペイン)、第8シードの錦織圭、第21シードのD・ゴファン(ベルギー)、世界ランク世界ランク65位のS・クエリー(アメリカ)がベスト8へ駒を進めている。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 アンダーサーブやるかも
・錦織8強「我ながら評価」
・錦織 フェデラー戦「勝てる」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月9日15時00分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!