- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退の男子選手2018 第1弾

トミー・ハース
全豪オープンのトミー・ハース
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは18日に公式サイトで、2018年に引退した6選手を特集した。

トミー・ハース(2018年3月16日に引退)

世界ランキングで2位へ上り詰め、これまでツアー15勝を誇るT・ハース(ドイツ)は、自身がトーナメントディレクターを務めるBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)で引退を表明した。

けがに苦しめられるも9度の手術を乗り越えたハースがツアーで最後に勝利したのは、R・フェデラー(スイス)を破った2017年6月のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)2回戦。シングルスの通算成績は569勝338敗。


アレハンドロ・ファリャ(2018年1月25日に引退)

A・ファリャ(コロンビア)は2000年にプロへ転向。2010年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)1回戦では、フェデラーから7-5, 6-4, 4-6, 5-4とサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたが逆転負けを喫した。

世界ランキングの自己最高は48位で、シングルスの通算成績は114勝169敗。


サム・グロス(2018年1月24日に引退)

強烈なサービスを武器としたS・グロス(オーストラリア)は、2012年のATPチャレンジャーで世界最速となる時速263キロのサービスを記録。現役最後の試合は今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ダブルスで、L・ヒューイット(オーストラリア)とのペアでベスト8へ進出した。


ダニエル・ネスター(2018年9月15日に引退)

ダブルスで元世界ランク1位のD・ネスター(カナダ)は四大大会の男子ダブルスで8勝、混合ダブルスでは4勝。2000年のシドニー・オリンピックでは金メダルを獲得した。また、シングルスの世界ランキング自己最高は58位。


アンドレ・サー(2018年4月1日に引退)

A・サー(ブラジル)はダブルスで2009年に世界ランク17位を記録。これまで11大会で優勝した。また、シングルスでは2002年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト8進出を果たした。


スコット・リプスキー(2018年6月25日に引退)

ダブルスを中心に活動したS・リプスキー(アメリカ)は、2011年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)混合ダブルスを制した実績を持つ。2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)混合ダブルスと、同年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)男子ダブルスではベスト4へ進出した。

「新シーズン開幕へ!錦織圭大坂なおみ 勝負の年」
開幕直前のテニス2019年シーズンを松岡修造がプレゼン!錦織圭、大坂なおみらの活躍が期待される新シーズンの見どころを一挙紹介する。

【放送予定】
12月22日(土)午後3:50
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・錦織らハワイOP組み合わせ
・慈善活動で参加選手が称賛
・デ杯仏の新監督はグロージャン

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月19日19時53分)

オススメ記事
その他のニュース

1月24日

大坂に脱帽「信じられない」 (18時11分)

テニスアンケート 放送編 (17時49分)

大坂なおみ 日本語で感謝の言葉 (17時45分)

【速報中】ナダルvsチチパス (17時35分)

大坂 日本人初の全豪OP決勝へ (16時07分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsプリスコバ (13時55分)

クヴィトバ 全豪OP初の決勝へ (13時47分)

セリーナ 足首負傷「関係ない」 (12時00分)

松岡氏 錦織に同情「苦しい」 (11時08分)

大坂 準決勝「タフな試合」 (11時02分)

錦織の棄権 ジョコ「気の毒」 (7時58分)

1月23日

錦織、死闘続きで満身創痍 (23時36分)

錦織「強い痛み」 右太もも負傷 (20時03分)

ジョコ 棄権の錦織へエール (19時37分)

錦織 途中棄権で初4強ならず (18時46分)

【1ポイント速報】錦織vsジョコビッチ (17時36分)

国枝慎吾 10度目Vへ好発進 (17時35分)

プイユ 接戦制し四大大会初4強 (16時46分)

錦織 王者ジョコ戦へ最終調整 (16時04分)

ジョコのインタビュー動画公開 (13時46分)

大坂なおみ 準決勝は世界8位 (13時25分)

大坂「イライラせずプレー」 (10時59分)

大坂 日本女子25年ぶり4強 (10時31分)

【ポイント速報】ラオニッチvsプイユ (9時09分)

錦織 デ杯メンバー入りせず (8時11分)

錦織vsジョコ 過去の対戦一覧 (7時36分)

1月22日

ジョコ 錦織戦「自信ある」 (21時31分)

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (21時29分)

第4回ジュニアイベント開催 (21時13分)

ナダル 快勝で2年ぶり4強 (20時56分)

【ポイント速報】ナダルvsティアフォー (18時29分)

快進撃 世界35位がGS初4強 (16時57分)

20歳チチパス 四大大会初4強 (14時13分)

錦織 ジョコ戦「長いラリー」 (12時18分)

ラケット破壊「腹立ってた」 (10時57分)

大坂 3年前の全豪「忘れた」 (10時11分)

錦織、全豪OP4回戦の詳細 (8時05分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!