- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみの番狂わせが3位

女子テニス協会のWTAは21日に公式サイトで、2018年の番狂わせの試合を紹介。第3位には、大坂なおみが元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を下して日本人初の四大大会優勝を飾った全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝がランクインした。

2018年最後のグランドスラム決勝は、女子プロテニス界のレジェンドとも言えるセリーナと、有望視された大坂の対戦という興味深いものになった。それは、23度のグランドスラム優勝を誇り出産とそれに伴う病を乗り越えて復活途中にいるセリーナと、初めてのグランドスラムの決勝の舞台に立つ高い才能を評価された未来のスターである大坂の激突だった。

当時20歳の大坂は日本人として初めてグランドスラムのシングルスでのタイトルを獲得。23度のグランドスラム優勝を誇るセリーナをストレートで下すドラマチックな戦いを制した。

元女王のセリーナは、これまでグランドスラムでは30回(全米オープンだけでも8回)もの決勝戦を経験していることから、大きなアドバンテージを持って決勝へ臨んでいた。今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でも決勝へ進出していた。

一方、当時世界ランク19位の大坂は、それまでグランドスラム4回戦の壁を超えたことがなかった。それだけではなく、セリーナとの決勝までツアー優勝もわずか1度だけだった。その優勝は今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)で、続くマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)1回戦ではセリーナに勝利していた。

日本のライジング・スターである大坂は輝かしいストロークと素晴らしいサービスで、セリーナから第1セットを先取。第2セットは先にブレークを許す展開から、驚異的な冷静さを維持し、興奮状態だったセリーナの勢いを封じ込めるものだった。

その後は大坂の真価が問われたが、最後は強烈なサービスを決めると6-2, 6-4で締めくくった。

大坂は「集中し続けなければいけないと思っていた。彼女(セリーナ)は素晴らしいチャンピオンで、いつどんなポイントからも挽回してくるのは分かっていたから」と会見で語っていた。

大坂は会見の席で涙ながらに語り始めた。

「彼女が24度目のグランドスラム優勝を本当に欲しがっていたのは知っている。誰もが知っていた。それはテレビのCMだったり、あちこちにあった。コートに立った時は自分が違う人間になった気分だった。もうセリーナのファンではない。1人のテニス選手と対戦している単なるテニス選手。でも最後にネットで彼女とバグをしたら・・・また子どもの頃に戻った気持ちだった」

セリーナは「前向きになるように努力するだけ。素晴らしいことやいいことに目を向け、それを考えながら前へ進むだけ」とコメントした。

「いつも最後まで戦っているし、どんな状況であれいつも挽回しようと努めている。でも大坂も本当に本当にいいプレーをした。彼女はどんどん打ってきた。とても集中していた。ブレークポイントを握ると、彼女は素晴らしいサービスを打ってきた。正直、この試合で彼女から学ぶものがたくさんあった」

その2週間後の東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東 京/立川、ハード、プレミア)で大坂は決勝へ進出したがKa・プリスコバ(チェコ)に敗れ、全米オープンから続いていた連勝は10でストップした。

セリーナは全米オープンの準優勝で今シーズンの活動を終了させたが、世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)に並び今シーズン2度グランドスラムで決勝進出を果たした選手となった。

「生中継!日清食品ドリームテニスNAGOYA」
錦織圭、大坂なおみ、ダニエル太郎チョン・ヒョン(韓国)が出場するエキシビションマッチ「ドリームテニス」が会場を名古屋に移して開催。日本ガイシホールからWOWOWで独占生中継!

【放送予定】
11月25日(日)午前10:55
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・錦織は「大きな子ども」と大坂
・錦織「やっぱちっちぇーな」
・錦織の張り 3つの流儀とは

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月22日20時00分)

その他のニュース

1月27日

ナダル8強 地元キリオス撃破 (21時41分)

15歳ガウフ 熱戦制し複8強 (21時40分)

豪のレジェンドたちが登場 (21時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsキリオス (20時45分)

ワウリンカがメドヴェデフ撃破 (16時49分)

大坂 コービー氏の死に悲しみ (16時23分)

全豪OP 練習コートを開放 (16時22分)

三井駿介ら ジュニア日本勢敗退 (16時16分)

フェデラー 次戦相手「俊敏」 (12時43分)

注目のナダルvsキリオス (12時28分)

15歳ガウフ「五輪出たい」 (11時13分)

ナダルら全豪OP8日目詳細 (11時09分)

1月26日

フェデラー 序盤苦戦も8強へ (21時47分)

【1ポイント速報】全豪OP4回戦 (19時07分)

8強ジョコ「うまくできた」 (18時59分)

全豪OP 会場ファン国歌熱唱 (18時57分)

ジョコ撃破なるか「支配する」 (16時40分)

大坂破った15歳ガウフ敗退 (14時55分)

キリオス「ナダル知らない」 (11時27分)

ナダル、キリオス戦へ見解 (10時53分)

ジョコ 4回戦へ最終調整 (10時36分)

1月25日

キリオス 死闘制し全豪16強 (21時59分)

【1ポイント速報】全豪OP3回戦 (16時57分)

プリスコバ敗退「驚きない」 (16時49分)

ナダル完勝 全豪13度目16強 (15時19分)

土居組 日比野/二宮を破る (12時48分)

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!