- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

タイブレーク最強 フェデラー

ロジャー・フェデラー
タイブレークを得意とするフェデラー
画像提供: ゲッティ イメージズ
今年、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を含む3タイトルを獲得しているR・フェデラー(スイス)。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では4回戦敗退を喫したものの、最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への出場は既に確定している。

全米オープンではJ・ミルマン(オーストラリア)に6-3, 5-7, 6-7 (7-9), 6-7 (3-7)と、2度のタイブレークを落として敗れたフェデラーだが、キャリアにおけるタイブレークでの勝率の高さについて、男子テニス協会ATPの公式サイトで掲載されている。

フェデラーは長年にわたり、ATPワールドツアーにおいてタイブレークでの勝率の高さを誇る。テニスの歴史においても、フェデラーのタイブレークでの勝率(432勝232敗、65.1%)を上回る選手はおらず、タイブレークでの勝利数に関しても上回る選手はいない。

今年のウィンブルドンと全米オープンを制したN・ジョコビッチ(セルビア)は、現役選手ではフェデラーに次ぐ2位である63.3%のタイブレークの勝率をテニス人生で記録している。ジョコビッチがフェデラーの勝率を抜くには、これからのタイブレークを19回連続して勝たなければならない。

フェデラーのタイブレークでの凄さは決勝戦という、最もタフな戦いの場でも際立っている。

「タイブレークはかなり重要。特にグランドスラムや他の大会の決勝戦のような大きな舞台では。そこは本当に本当にタイブレークを勝ちたいと思う場面」とフェデラーは語る。

グランドスラムや、ATP1000大会や、ニットーATPファイナルの決勝戦で、フェデラーは65回中40回で勝利し、61.5%の勝率。フェデラー以外では、わずか10選手しか決勝戦のタイブレークでここまでの勝率を持つ選手はいない。

フェデラーは特にグランドスラムの決勝戦では、70%という驚くほどの勝率を誇っており、「良いサービスがあれば、それはいつも助けになる。辛抱強く攻撃的なプレーをしたいと思うようにしている。一か八かのプレーはしたくないし、馬鹿げたこともしたくない。でも時にはそれが功を奏するときもある。正しいバランスが大事」と語っている。

フェデラーの次に続くタイブレークの勝利数の多い現役選手は、ビッグサーバーのJ・イズナー(アメリカ)(387勝244敗)とI・カルロビッチ(クロアチア)(377勝378敗)である。

「そのセットがどうだったか、によるところが大きいと思っている。セットが進んでいくにつれて良くなっているか。また時にはサービスが良い感じで打てていないとか、リターンも良くないし、試合も対戦相手に主導権があると感じているときもある」

「そんなマイナスな気持ちでタイブレークに入ると、出だしも悪く結果タイブレークを落としてしまう。実際、良いスタートを切ってもリードしていると思えず、結果負けてしまう。たから、ポジティブな気持ちが大事」

フェデラーは全米オープン4回戦のJ・ミルマンとの試合では、タイブレークを2セット落として負けている。しかし、これは彼に取ってかなり稀なこと。フェデラーは同じ試合でタイブレークで2セット失ったのは長いテニス人生でもわずか23回しかない。しかし、1試合で2セット以上タイブレークで取った試合は53回ある。

現在世界ランク2位のフェデラーはどのタイブレークでもいつも上手くいくわけではないものの、「スイスの巨匠」と言う名に「タイブレークのタイタン」と言うニックネームを付けるのも問題はないはずだ。

「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!(※9月16日(日)除く)
世界で戦う女子選手たちの華やかなプレーに注目!

【放送予定】
9月10日(月)〜9月16日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・大量の汗フェデラー 8強逃す
・全米制覇ジョコ 最終戦確定
・錦織、最終戦ランクトップ10へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月13日20時46分)

その他のニュース

9月22日

錦織、激闘制し辛勝で4強 (3時24分)

【1ポイント速報】錦織 準々決勝 (3時20分)

9月21日

大坂4強「最高ではなかった」 (19時53分)

大坂 次は世界37位と初対戦 (19時10分)

大坂なおみ 東レ2年ぶり4強 (18時07分)

【1ポイント速報】大坂vsストリツォワ (16時21分)

加藤/二宮、東レ複決勝進出 (16時02分)

添田豪はモンフィスに完敗 (14時36分)

錦織モデル発売 日本を表現 (13時33分)

大坂の張りを忠実に再現 (11時50分)

元8位ユーズニー 現役引退へ (11時17分)

錦織、準々決勝は世界31位 (10時16分)

フェデラー 赤ラケット発売 (0時02分)

9月20日

大坂ストリングス 数量限定発売 (21時18分)

東レ女王ウォズニアッキ敗退 (21時18分)

独占取材 ココ・バンデウェイ (21時16分)

バンデウェイがイベント登場 (21時16分)

大坂、準々決勝は世界25位 (16時18分)

大坂に完敗 元世界4位は脱帽 (12時20分)

ナダル 負傷で2大会を欠場 (10時46分)

ワウリンカ 熱戦制し8強へ (9時50分)

錦織 モゼールOP初戦突破 (0時31分)

【1ポイント速報】錦織 初戦 (0時20分)

9月19日

大坂「特別だった」 観客へ感謝 (20時59分)

錦織2回戦 WOWOWで緊急配信 (20時53分)

錦織特別クリニック 参加募集 (20時06分)

大坂なおみ 凱旋初戦は圧勝白星 (18時47分)

【1ポイント速報】大坂 初戦 (17時31分)

添田豪 杉田祐一破り2回戦へ (17時21分)

加藤/二宮組 日本勢対決制す (15時40分)

メドヴェデフらが初戦突破 (13時43分)

フェデラー 赤ラケットで練習 (10時38分)

錦織 初戦は前年Vゴヨブジク (9時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!