- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織を称賛、惜敗のチリッチ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会10日目の5日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)は第21シードの錦織圭に6-2, 4-6, 6-7 (5-7), 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、2015年以来3年ぶり3度目のベスト4進出とはならなかった。試合後の会見では「圭がいいプレーをした。最高のバックハンドを持っている」と称賛した。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂vsキーズ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

2014年の全米オープン覇者であるチリッチは、この日序盤から主導権を握り第1セットを先取すると、第2セットもゲームカウント4−2とリードを奪う。しかし、ここから4ゲーム連取を許してセットカウント1−1に追いつかれると、流れは徐々に錦織へ傾く。

接戦となった第3セットのタイブレークでは2本連続のダブルフォルトを犯すなどで錦織にチャンスを与えると、最後はリターンエースを決められてセットカウント1−2に。

第4セットは息を吹き返したチリッチが取るも、ファイナルセットは第9・第10ゲームを連取されて4時間8分で力尽き、錦織に2014年の全米オープン決勝のリベンジを許した。

チリッチは「大会を通してアップダウンがあったけど、必死に戦った。それは前向きに捉えられるものの1つ。暑さとも戦った。今日の敗戦は多少落胆している。準決勝へ進めるチャンスがあった大きな戦いだった」と振り返った。

「ラリー戦になったら、彼(錦織)の方が少し安定しているように感じた。きっと約60パーセントは彼が主導権を握りチャンスを作っていた。僕はミスをしてしまい、リズムを見つけられなかった。ある場面、あるゲームでは、何とか粘り3ポイント、4ポイント、5ポイント、6ポイントといいプレーをしてチャンスを作り、それを台無しにしてしまったり。セカンド・サービスのリターンにちょっと苦労した。彼はいつもやっていることを、とてもうまくプレーしていた」

また、チリッチは「(錦織は)本当にいいプレーをしている。彼は準決勝へ進んだ。今日、彼はうまく状況に対処していた。また準決勝の舞台に戻り、N・ジョコビッチ(セルビア)J・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。幸運を祈っている」とエールをおくった。

2014年の決勝については「あれは4年前のこと。お互い今は違う。よく戦ったと思うし、チャンスも掴んでいた。ファイナルセットで辛抱していれば、またチャンスがくると感じていた。挽回したけど、最後のゲームを失ったのは少しアンラッキーだった。数年前の彼のプレーと非常に似ていると感じる」と述べた。

一方、勝利した錦織は2014年以来4年ぶり2度目の決勝進出をかけて、準決勝で第6シードのジョコビッチと対戦する。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!錦織圭、大坂なおみ、悲願のグランドスラム初制覇なるか!?

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織、悪夢よぎるも「払拭」
・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月6日15時17分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!