- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

修造 錦織に褒めまくりメール

松岡修造
錦織圭について語った松岡氏
画像提供: tennis365.net
日本テニス協会強化副本部長でWOWOWテニス解説者の松岡修造氏が8月6日、都内某所にて27日に開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場する男子世界ランク21位の錦織圭の活躍について語った。

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

昨年の全米オープンは手首の怪我により欠場した錦織は、今年2年ぶり10度目の出場となる。

「最近で言うとワシントン(シティ・オープン)でのプレーを見ましたが、1番良いですね。本当に良い。最初(1回戦)の試合を見た時点ですぐメールしちゃったくらい。もう試合が終わる前にしちゃいました。何が1番良かったかというと、気持ちが戻ってきました。本当にテニスが好きだった頃の錦織圭、どんなことをしても勝ちたという錦織圭が戻ってきつつある。」とD・ヤング(アメリカ)との一戦を観戦し、錦織にメールを送ったことを明かした修造氏。

メールの内容については「もう褒めまくりメールですよ。ガッツポーズすごいぞって。強い圭が戻ってきたって。ただ、テニスはまだ完全には戻ってないよねって、それを圭は分かっている。このまま一戦一戦このガッツポーズを作っていけば、必ず本当の自分に会える。」

「彼の1球1球のガッツポーズ。あれは今までの圭じゃないですよ。全米オープンを絶対取るという決意表明のように僕は感じました。彼の出来るテニスからいうと今6、7割。打ってるのが内側なんですよ、全部。ただ、これは全米オープンまでに必ずライン際になってきます。ライン際になったら相手は取れません。この集中力で我慢してやっていけば、これは大会の中でも優勝する可能性があるなって思います。」

過去の全米オープンで錦織は、2014年にグランドスラム初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝。2016年は準々決勝でA・マレー(英国)を破り、2年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

「全米は錦織選手にとって1番好きな大会だと思います。今回(シティ・オープン)試合を見てても生き生きしてるんですよ。ボールがイレギュラーしないし、高いところでどんどんハイテンポで打てますし、自分の得意とするコートだと分かってるんですね。」

「圭は13歳からアメリカに来てテニスをしているわけですし、1度は決勝まで行っている、圭にとっては日本の次にホームみたいなもの。あとはコートのバウンドと、ボールの軽さですね。そういうもの全てにおいて錦織選手にピタッと自然にはまっていくんだと僕は思いますね。」と錦織と全米オープンの相性について話した。

今年のグランドスラムで、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)はR・フェデラー(スイス)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)はR・ナダル(スペイン)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)はN・ジョコビッチ(セルビア)の3選手がタイトルを独占している。

今年の全米オープンでの優勝候補について、修造氏は「これは本当にどうなるか分からないですね。僕も予測というのは出来ないです。みんなそれぞれの想いがあるので。フェデラーやナダルは、やっぱり経験と王者として優勝の仕方を知っているんですよね。残念ながら優勝だけは錦織選手は知らないんです。だから早く知ってほしい!グランドスラムを1つでも取れれば、その方法を知ることができ全豪、全仏、ウィンブルドン制覇の可能性が広がる。全く違うレベルのテニスができ始めると僕は思います。」

「やっぱり今でもチャンスになった時に、以前のような攻撃にいけないんです。まだどうしても守ってしまう。本来彼の1番の良さ、「自分から攻めている錦織圭」、それをしてほしい。変な言い方ですけど、守ることがダメだと言っているのでありません。攻めるときに攻め、守るときに守り、ギアを上げるときに上げる。そういった戦術をしっかりと組み立てて戦うのが圭の良さでした。そのすべてを取り戻して自分やぶりをしてほしい。」

続けて、フェデラー、ナダル、ジョコビッチと錦織の差について「一番の違いはグランドスラム優勝経験があるかないか。グランドスラムで勝つという自信は1番大きな差だと思いますね。錦織選手が気を付けなければならないのは、周りが「まただめかもしれない」、「勝てないんじゃないか」というイメージで持たれてしまうこと。イメージほど怖いものはないですよ。植えつけられてしまうから。」

「特に錦織選手はそういう声に対して、「違うぞ!」ととことん自分自身を信じることができるかというと、そうではないと思います。そういうものとも戦わなければならない。」と分析した。

今大会で錦織が優勝する確率を問われた修造氏は「それは分かりません。冷静に考えれば、フェデラー、ナダル、ジョコビッチでも、5割以上あげる人はいないと思います。それぐらい誰が勝つか分からない。」

「その中でも圭は2〜3割あると思います。これってすごく高い数字なんですよ。普通20%と聞いたら低いと捉えますが、今の状況を見た中で2〜3割であれば僕としては高いと思います。圭のように(「圭」と漢字を書きながら)試合中にその確率をプラスしていく、これしかないと思いますね。それが出来るのは錦織圭しかいないです。」

「経験も踏まえたら、良い時も悪い時も全ての全米オープンを知っているはずですから、楽しみって言葉をあまり使いたくないんですけど、僕もワクワク感が凄いです。」と錦織の活躍に期待を寄せた。





8月27日開幕の「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!大会第1日(8月27日夜11:55〜、WOWOWプライム)、大会第5日ナイトセッション(9月1日午前7:30〜、WOWOWライブ)は無料放送!

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・錦織 全米OP初戦を警戒
・錦織「30歳までに優勝したい」
・重圧を告白、大坂は全米へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月27日18時07分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!