- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

涙も会見で笑顔だったハレプ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は13日目の27日、女子シングルス決勝が行われ、第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)は第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)に6-7 (2-7), 6-3, 4-6のフルセットで敗れ、惜しくも四大大会初優勝とはならなかった。

>>錦織らダラスCH対戦表<<

>>フェデラーvsチリッチ 1ポイント速報<<

ともに四大大会3度目の決勝舞台、四大大会初優勝と世界ランク1位をかけた意地のぶつかり合い。センターコートのロッド・レーバー・アリーナは「シモナ!シモナ!」コールが響き渡っていた。

第1セット、ハレプは序盤リードを許すも、細かなフットワークから深いストロークを放ち、ウォズニアッキのペースを狂わせてタイブレークへ持ち込む粘りを見せた。第2セットは第3ゲームで何とかサービスキープに成功すると、第7ゲームから3ゲームを連取し、ファイナルセットへ突入。

決勝戦は19時30分から開始されたが蒸し暑かったためヒート・ルールが適用され、第2セットを終えた時点で10分間の休憩時間が設けられた。

その後、ブレーク合戦となったファイナルセットでハレプは第8ゲームからウォズニアッキに3ゲームを連取され、2時間49分の激闘の末に惜敗した。

試合後、会見でハレプは「まだ笑顔になれる。大丈夫。泣いたけど、今は笑っている。もちろん、勝てなかったのは本当に悲しい。あと少しで勝てそうだった。でも、最後はエネルギーがなかった。彼女(ウォズニアッキ)の方が良かった。彼女の方がよりフレッシュで、エネルギーがあった」と振り返った。

今大会、ハレプは3回戦で3時間44分の死闘、準決勝では2016年の全豪オープンを制したA・ケルバー(ドイツ)を2時間20分の末に下すなど、苦しみながらの勝ち上がりだった。

「本当に疲れていた。足には多くの問題を抱え、あちこちに痛みがあった。けど、よくやったと感じている。第1セットが終わったら、もう自分は終わっていた。何が起きたか分からなかった。エネルギーもパワーもなかった。でも全てのボールを打たなければと言い聞かせた。ファイナルセットは何とか持ち直したけど、5−3でのサービスの時、エネルギーは尽きていた。取りきれなかった。それはちょっと悲しい」

3度目の四大大会決勝の舞台を経験したハレプは「精神的な部分は大丈夫だった。だから、この大会でかなり向上したと思う。前向きな思いでオーストラリアを離れられる。なぜなら、この2週間で自分がやったことは、これまでしたことがないことだったから」とコメントした。

コーチのダレン・ケーヒルからは「この大会でやったことを誇りに思うと言われた。最後まで戦う姿は、精神的にも肉体的にも最高だったと。私のパフォーマンスにとても満足していると言っていた」と明かした。

ヒート・ルールで10分間の休憩については「ロッカールームでエアコンが効いた中で過ごせたのは本当に良かった。でも、少し落ちてしまったかもしれない。試合中に頭痛が起きていたから、呼吸をしたり、頭を冷やすためには必要だった。そんな時には、いいルールだった」と述べた。






■関連ニュース

・「圭を追った」チョンが快挙
・「考えてほしい」とナダル苦言
・ジョコ脱帽「信じられない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月28日16時09分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!