- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界最速サーバー 全豪で引退

サム・グロス
(左から)グロスとヒューイット
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は10日目の24日、男子ダブルス準々決勝が行われ、S・グロス(オーストラリア)/ L・ヒューイット(オーストラリア)組は第11シードのJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組に4-6, 5-7のストレートで敗れた。サービスの世界最速記録を持つグロスはテニス人生に終わりを告げた。

>>フェデラーvsチョン 1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

30歳のグロスは、2016年の全豪オープンを最後に引退したシングルス元世界1位のヒューイットとペアを組み、今大会に参戦。14日には「僕の最後の大会が始まる」とツイッターに綴っていた。

1回戦をストレート勝ちで突破したグロス/ ヒューイット組は、2回戦で第3シードのJJ・ロジェール(アンティル)/ H・テカウ(ルーマニア)組を破った。3回戦では相手ペアが第1セットで途中棄権する運にも恵まれた。

24日、試合後にグロスは「凄まじい旅だった」と、これまでのキャリアを一言で振り返る言葉を投稿。

グロスは、2012年のツアー下部大会である釜山チャレンジャー(韓国/釜山、ハード、ATPチャレンジャー)で放ったサービスが時速163.4マイル(時速約263キロ)を記録。これは今も破られていない世界最速記録で、ギネス記録にも認定されている。

2006年にプロ転向したグロスはシングルスでキャリア通算38勝62敗、2015年8月には世界ランキングで自己最高の53位を記録した。

一方、ペアを組んだヒューイットは2016年の引退後、オーストラリアの国別対抗戦デビスカップの監督に就任。同年3月のワールドグループ1回戦 オーストラリアvsアメリカでは選手兼監督としてメンバー入りし、ダブルスに出場した。






■関連ニュース

・「圭を追った」チョンが快挙
・「考えてほしい」とナダル苦言
・ジョコ脱帽「信じられない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月26日11時27分)

その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!