- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒューイット組 相手棄権で8強

サム・グロス、レイトン・ヒューイット
(左から)グロスとヒューイット
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は7日目の21日、男子ダブルス3回戦が行われ、S・グロス(オーストラリア)/ L・ヒューイット(オーストラリア)組はP・アンドゥハル(スペイン)/ A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)組の途中棄権により、思わぬ形でベスト8進出を果たした。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

この試合、両者サービスキープが続き、ゲームカウント3−3で迎えた第7ゲームでアンドゥハル/ ラモス=ヴィノラス組が途中棄権を申し入れ、グロス/ ヒューイット組が勝利を手にした。

準々決勝では、第11シードのJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組と対戦する。キャバル/ ファラ組は3回戦でL・パエス(インド)/ P・ラジャ(インド)組をストレートで下しての勝ち上がり。

元世界1位のヒューイットは、2016年の全豪オープンを最後に現役を退き、引退後は故郷オーストラリアの国別対抗戦デビスカップ監督に就任。同年3月のワールド グループ1回戦 オーストラリア対アメリカ(オーストラリア/ クーヨン、芝)では、N・キリオス(オーストラリア)に代わって選手兼監督としてメンバー入りし、ダブルスに出場した。

現役時代にはシングルスでツアー30大会でタイトルを獲得、ダブルスでも2000年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)などキャリア通算3勝をあげた。

ヒューイットとペアを組む30歳のグロスは、2015年にシングルスの世界ランキングで自己最高の53位を記録。近年は下部大会をメインに転戦しており、昨年はチャレンジャー3大会で4強入りを果たした。今大会を最後に現役を引退することを明かしている。






■関連ニュース

・ヒューイット 最後は観客総立ち
・元1位 Vフェデラーを祝福
・ユーチューバーが試合を妨害

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月21日15時36分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!