- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

尾崎里紗 インタビュー第1弾

尾崎里紗
インタビューに応じた尾崎里紗
画像提供: tennis365.net
女子テニスで世界ランク119位の尾崎里紗は13日、tennis365.netのインタビューに応じ、2017年を振り返った。

現在23歳の尾崎は今季、4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTAプレミアマンダトリー)で予選からベスト16へ進出する快進撃を見せ、世界ランキングは自己最高の70位を記録。

グランドスラムでは全大会で本戦ストレートインを果たし、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初勝利をあげた。

「グランドスラムの本戦に全部出場して、念願の1勝をあげることができました。すごく充実した1年だった半面、中盤くらいからけがなどもあり、1回戦負けが続いて苦しい時期もありました」


【「足りないところを痛感」】

2017年は元世界1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)V・アザレンカ(ベラルーシ)A・ケルバー(ドイツ)らトップ選手との対戦を経験したことについて、尾崎は「1年を通してレベルの高い試合に出続けたことによって、自分の足りないところを痛感しました」

「(2018年の)全豪オープンは予選からです。ランキングが下がったことによって、トップとして戦っていけないということが分かった1年でした」と述べた。

11月26日、尾崎は自身のツイッターで今季終了と、けがの状態について綴った。

今回のインタビューでは「最後の試合が終わってから1週間半くらい休んで数日前からテニスを始めましたが、まだ痛みはあってバックハンドがほぼ打っていない状態です。多少は痛みと付き合っていきながら試合に出ないといけないと思っています。けがの状況は、徐々に良くなってきているような気がします」と明かした。


【今季1番印象に残っている試合】

マイアミ・オープンで初の16強入りを果たした尾崎は、WTAブレークスルー・オブ・ザ・マンスに選出された。

今季1番印象に残っている試合は、きっかけとなったマイアミ・オープン3回戦をあげた。この試合では当時世界ランク47位のJ・ゴルゲス(ドイツ)を7-6 (7-5), 6-3のストレートで破った。

「必死に無心でやっていたので、あまり試合内容は覚えていないです。その試合に勝った時『え、勝っちゃった』という今までなかったような感情があったので、それが思い出に残っています」

また、念願の四大大会初勝利をあげた全米オープン1回戦は「本当に苦しくて、相手が予選上がりというのもあり、チャンスと思ってはいけないと思いながらも期待してるところもありました。相手にマッチポイントを握られた時、ここで負けたらこの先グランドスラムで1回戦勝てるのかなという感情になったので、苦しみながら勝ったという感じです」とコメント。

続けて「自信は少しつきました。でも、内容的にあまり良くなかったので。ちょっと気は楽になりました」と口にした。


【お手本は元世界王者のアガシ】

「後ろで、粘り強く試合を頑張るプレースタイル」と自身について話した尾崎は、来シーズンもトップ選手と対等に戦うために「コーチやトレーナーさんと話し合って、A・アガシ(アメリカ)選手のようなプレーを目指そうとなりました」と話した。

普段から男子選手のプレーをお手本にするという尾崎は、日本人選手では世界ランク22位の錦織圭のようなプレーを目指していると明かした。

「アガシ選手は上からフラットドライブでどんどん攻めていくプレーなので、最近はなるべくスピンのボールは使わずフラットドライブのボールを打つ練習をしています」

尾崎のインタビュー第2弾では、オフの過ごし方や2018年に向けての決意について迫る。






■関連ニュース■ 

・飛躍の尾崎里紗にインタビュー
・尾崎里紗、四大大会初白星
・尾崎里紗 元世界1位に惜敗
(2017年12月21日19時48分)

その他のニュース

10月23日

【告知】錦織vsティアフォー (7時39分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!