- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

尾崎里紗、四大大会初白星

尾崎里紗
四大大会初勝利の尾崎里紗
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク96位の尾崎里紗が予選勝者のD・ラオ(アメリカ)を6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-5)のフルセットで下し、四大大会初勝利をあげた。

>>全米OP対戦表<<

この日の第1セット、第8ゲームで先にブレークに成功した尾崎がリードを守ってこのセットを先取。

続く第2セットでは、第6ゲームで先にブレーク許すも、第9ゲームでブレークバック。その後も互いに譲らぬ攻防が続いたが、尾崎はタイブレークを落としてセットカウント1−1に。

迎えたファイナルセット、互いに譲らぬ展開となったが、尾崎がタイブレークをものにして3時間超の死闘を制した。

2回戦では、第27シードのザン・シュアイ(中国)と対戦する。シュアイは、1回戦で世界ランク170位のS・リシキ(ドイツ)を逆転で下しての勝ち上がり。

23歳の尾崎は今季、4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTAプレミアマンダトリー)で、予選から大会初のベスト16へ進出する快進撃を見せ、世界ランキングで自己最高の72位を記録した。

四大大会では、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で本戦ストレートインを果たすも、いずれも1回戦で敗れていた。






■関連ニュース■ 

・尾崎里紗 元世界1位に惜敗
・尾崎里紗 シードダウン演出
・シャラポワ 勝利後、涙の理由
(2017年8月31日7時46分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!