- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 勝利後、涙の理由

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は28日、女子シングルス1回戦が行われ、第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)をフルセットで下し四大大会復帰戦を白星で飾った元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)が、会見で「復帰し、こうしてプレーできることがどんなに意味があるかを本当に分かった気がする」と、振り返った。

>>全米OP対戦表<<

>>杉田 全米OP初戦1ポイント速報<<

「ドローが発表になって初戦がどれほど難しい試合になるか、その試合の背景にどれほどの興奮があるか分かっていた。だからこれまでの彼女(ハレプ)との対戦もとても良い戦いになっているし、お互い最高のテニスを出し切っていた」とシャラポワ。

この日、第1セットを先取したシャラポワは、続く第2セットでも主導権を握っていたが、挽回を許してセットカウント1−1に。その後、ファイナルセットでは第2ゲームでブレークに成功すると、そのまま振り切り、6-4, 4-6, 6-3で勝利した。試合時間は2時間44分。

「ワイルドカードをもらえると分かった時から、本当に興奮していた。最後にここで戦ってからどれほど長い時間が経っているか」

昨年1月、ドーピング違反により1年3カ月の出場停止処分を受け、今年4月にツアー復帰を果たしたシャラポワは、今大会のワイルドカード(主催者推薦枠)が与えられ、全米オープンへは3年ぶりの出場。

勝利が決まった瞬間、シャラポワはその場に崩れ落ちて喜びを噛みしめ、涙を浮かべる姿が見られた。

シャラポワは「チームと共に色々なことをくぐり抜けてきた。チームみんなと共に戦っているようだった。テニスは個人競技。コートではそのほとんどを1人で戦わなければならない。復帰してから、自分もチームの一員だと感じている。自分自身のために勝つのではない。私の後ろでサポートしてくれた皆のために勝つと思えるようになった。それは特別な感情」と、涙の理由を話していた。

最後に「少しだけこの勝利を楽しませてもらってから、次の試合へ移りたい」と語ったシャラポワは、続く2回戦で世界ランク59位のT・バボス(ハンガリー)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・シャラポワ 処分決定の裏側
・シャラポワ乾杯、復帰祝う
・シャラポワにWC拒否の理由
(2017年8月29日21時00分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!