- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニス留学に新しい風

バークレーテニスアカデミー
バークレーテニスアカデミー
画像提供: バークレーテニスアカデミー
錦織圭をはじめとする日本人選手が世界で活躍し、その多くのルーツがテニス留学であったことが知られてから、日本においてもテニス留学が非常に注目されている。

テニス留学で人気の国は、アメリカ、オーストラリア、スペインなど。日本よりも設備環境や気候、トレーニング技術が整った海外へのテニス留学は、選手としてさらなるレベルアップを図るためのひとつの方法として浸透しつつあるが、単にレベルアップだけを目的としない留学の形が注目を集めている。

今回は新たな形でテニス留学を提供している、バークレーテニスアカデミー(オーストラリア)のバークレー友子氏に話を聞いた。

「テニス留学というと、プロになるためのものと考えがちですが、留学生の多くが初心者や中級レベルの方です。年齢も9歳から70歳以上まで様々な方がいらしています。マンツーマンのような形式でのレッスンのため、どんなレベルでも受け入れが出来るアカデミーです」とテニス留学の意外な現状を語った。

留学と聞くとコミュニケーションに不安を感じるが、友子氏は「参加されるのに、特別に準備することはなく、英語力も問いません。でも一番大事なことは、心の準備です。国が違い文化や考え方が違うということは、レッスンの仕方も違いますから、違うものを受け入れることができる柔軟性を持っていていただきたいと思います。」

「現地では、日本人コーチやアドバイザーが常に目をかけ、テニス以外の生活の部分でも不安を感じることなく、しっかりと出来ているか、声をかけています。文化、習慣の違いの中で生まれる疑問、英語での表現の仕方、自分の意志を失礼に思われることなくどう伝えるかなど、国際社会で生きていく上で大事なヒントを得ることが出来るでしょう」と語った。





続けて、テニス留学のメリットを「テニスという共通の手段があるからこそ、出会いがあり、友達ができ、国際交流がより簡単になります。英語が出来なくても現地の人と同じ土俵に立つことが出来る、同じ場所で勝負が出来るというのは大きなメリットになりますね」とコメント。

最後に「テニスでレベルアップしたい人、日本では満足のいく成績が出せなかったからといって、テニスを諦めないでください。一生続けられるスポーツです。」

「オーストラリアはスポーツ大国で、スポーツが大好きな人がたくさんいます。日本とは違う環境のもと、テニスをしながら、思いがけないヒントをもらい上達のきっかけとなった人はたくさんいます。テニスをする皆さん、自信を持ってバークレーアカデミーにおいでください。ほんのちょっとの勇気で一歩踏み出してください」とエールを送った。

バークレーテニスアカデミーには様々なサーフェスのコートがあり、ハードコート3面、イタリアンクレーコート3面、アメリカンクレー1面、スイスクレー1面、オムニコート4面を完備。





レッスン内容は最新の技術指導と参加する人のレベルとニーズに合わせた指導、フットワーク指導、コンディショニングコーチによるトレーニングとなっている。

■テニス留学に関する情報はこちら>

<バークレーアカデミー日本事務局>
住所:東京都品川区東品川3-25-17-4F
電話番号:03-5781-1913
担当:衣笠、杉山

■バークレーテニスアカデミーホームページ>


■関連ニュース■

・錦織 ベルダスコに脱帽で苦笑
・主審の靴紐ほどくイタズラ
・ナダル 初の30代年間王者に
(2017年11月7日12時51分)

その他のニュース

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!