- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

近大 松本樹、健闘も初戦敗退

松本樹
松本樹、フューチャーズ初勝利ならず
画像提供: tennis365.net
tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road To Spain チャレンジカップ2017」関西代表の近畿大2年・松本樹が26日、ツアー下部大会のサバデルオープン(スペイン/サバデル、ITFフューチャーズ2.5万ドル)1回戦で世界ランク1,292位のS・バランコ(スペイン)と対戦し、3-6, 4-6で敗れ、初のATPポイント獲得はならなかった。

第1セット、松本は第4ゲームで先にブレークを許すと、その後は互いにサービスゲームキープが続き、バランコの強力なサービスに対してブレークの糸口を見出せないまま3-6でこのセットを落とす。




第2セットに入ると、松本がコートを前後に広く使った攻撃でポイントを重ね、第1・3ゲームを続けてブレークに成功。ゲームカウントを先行し続けたいところだったが、ブレーク後にブレークバックを許す展開に。
最後は4-5で迎えた自身のサービスゲームをキープすることが出来ずに4-6で力尽き、前日の法政大・岡垣光祐とともに1回戦突破はならなかった。

第2セットではバランコのプレースタイルを理解し、クレーコートでの戦い方を掴みかけていただけに、悔しさの残る試合となった。

試合後の松本のコメントは以下の通り。

「前日の岡垣選手の試合を見ていて、逆を突かれてポイントを失う場面が多かったので、角度を無くしてフットワークが崩れないよう心掛けた。しかしクレーコート慣れしている相手がなかなか崩れず、自分が先に崩れてしまった」

「イレギュラー(の処理)や、バックの高いところにボールを集められて返球が浅くなり、相手にコートの中に入って攻められることが多かった。その展開を最後まで崩すことができなかった。サービス力、パワーの足りなさを痛感した。相手との差を補える何かが足りなかった」



最後に、「今回、日本では味わえない感覚を味わうことができた。コートも相手も違う中で、どうすれば相手が嫌がるのかを考えながら試合することが楽しかった。この新鮮な気持ちを活かして、自分の足りなかったところを練習し、来年もチャレンジしたい」と今後に向けた抱負を語った。

また同日の午後には同大会のダブルス1回戦が行われ、松本と共にスペイン初挑戦に臨んでいる法政大1年・岡垣光祐のペアが第1シードのスペイン人ペアと対戦。



1-6と第1セットを先取されるも第2セットでは5-5までもつれ込む展開に。だが最後はスペイン人ペアが一気に攻勢をかけて1-6, 5-7で敗れた。



松本と岡垣の初めてのスペイン、初めてのフューチャーズ大会へのチャレンジは単複とも1回戦負けに終わったが、今後の両選手の大学テニスでの活躍およびツアー下部大会への積極的なチャレンジに期待したい。

また両選手は今大会への出場にあたり、漫画「ベイビーステップ」の主人公エーちゃんが着用している「エレッセ」のウエアと、エーちゃんが契約しているサプリメントブランド「HALEO」からハイブリッド・プロテインドリンク「ブルードラゴン」が提供された。





■関連ニュース■ 

・法政大 岡垣、初戦突破ならず
・松本、岡垣がスペインで調整
・近大の松本樹が関西大会制す
・法政大1年 岡垣光祐が初優勝
(2017年9月27日11時34分)

その他のニュース

1月24日

大坂 初Vと世界ランク1位王手 (20時46分)

ナダル 完勝で全豪OP決勝へ (19時33分)

大坂に脱帽「信じられない」 (18時11分)

テニスアンケート 放送編 (17時49分)

大坂なおみ 日本語で感謝の言葉 (17時45分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (17時35分)

大坂 日本人初の全豪OP決勝へ (16時07分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsプリスコバ (13時55分)

クヴィトバ 全豪OP初の決勝へ (13時47分)

セリーナ 足首負傷「関係ない」 (12時00分)

松岡氏 錦織に同情「苦しい」 (11時08分)

大坂 準決勝「タフな試合」 (11時02分)

錦織の棄権 ジョコ「気の毒」 (7時58分)

1月23日

錦織、死闘続きで満身創痍 (23時36分)

錦織「強い痛み」 右太もも負傷 (20時03分)

ジョコ 棄権の錦織へエール (19時37分)

錦織 途中棄権で初4強ならず (18時46分)

【1ポイント速報】錦織vsジョコビッチ (17時36分)

国枝慎吾 10度目Vへ好発進 (17時35分)

プイユ 接戦制し四大大会初4強 (16時46分)

錦織 王者ジョコ戦へ最終調整 (16時04分)

ジョコのインタビュー動画公開 (13時46分)

大坂なおみ 準決勝は世界8位 (13時25分)

大坂「イライラせずプレー」 (10時59分)

大坂 日本女子25年ぶり4強 (10時31分)

【ポイント速報】ラオニッチvsプイユ (9時09分)

錦織 デ杯メンバー入りせず (8時11分)

錦織vsジョコ 過去の対戦一覧 (7時36分)

1月22日

ジョコ 錦織戦「自信ある」 (21時31分)

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (21時29分)

第4回ジュニアイベント開催 (21時13分)

ナダル 快勝で2年ぶり4強 (20時56分)

【ポイント速報】ナダルvsティアフォー (18時29分)

快進撃 世界35位がGS初4強 (16時57分)

20歳チチパス 四大大会初4強 (14時13分)

錦織 ジョコ戦「長いラリー」 (12時18分)

ラケット破壊「腹立ってた」 (10時57分)

大坂 3年前の全豪「忘れた」 (10時11分)

錦織、全豪OP4回戦の詳細 (8時05分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!