- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

近大の松本樹が関西大会制す

Road to Spainチャレンジカップ
春関覇者の松本がスペイン行きを決めた
画像提供: tennis365.net
tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road To Spain チャレンジカップ2017」関西大会は18日、決勝戦が行われ、松本樹(近畿大学)が中西聖也(フリー)に6-4、6-1で勝利し、優勝をおさめた。

第1セット、中西が第4ゲームで先にブレークするも松本がすぐさまブレークバックに成功。松本は4-4で迎えた第9ゲームでもブレークし、第1セットを6-4で先取する。

第2セットに入ると試合の流れは松本に傾く。松本は第1ゲームをブレークするなど計3度のブレークに成功し、1時間40分で試合に終止符を打った。

今春の関西学生テニストーナメント(春関)を制した松本は初出場で初優勝を飾り、中西は一昨年に続く準優勝という悔しい結果となった。

試合を振り返って中西は「疲労がピークに達している中での決勝で身体が追いついてこなかった。準々決勝がタフで、決勝に行くまでに気力と体力を使い果たしてしまった。決勝は相手が元気で、自分は疲れきっている状態なのが分かっていたのでファーストセットを意地でも取ってやろうと思っていた。」とコメント。

続けて「この大会は2年前も決勝で敗れ、今大会も準優勝という結果で終わってしまって本当に悔しい。でも負けることから得られることはあるので、来年こそは絶対に優勝できるように取り組んでいきたい。」と語った。


準優勝の中西

優勝した松本は「スペインがかかっている決勝は堅くなってしまった。第1セット第4ゲームぐらいから、自分の武器であるフォアハンドで攻めてゲームの流れを引き寄せることが出来た。それからは気持ちに余裕がある感じで取り組めた。」と決勝を振り返る。

「正直優勝できると思っていなかったので、率直にうれしい。今年の春から調子が良く自分のテニスが出来ていた。」と喜びを口にした。

9月のスペイン挑戦については、「スペインへ行っても自分のテニスが出来る様に、体格負けしないように頑張りたい。フューチャーズ自体が初めてなので、良い経験だと思って思い切って頑張りたい。」と意気込みを語った。


優勝した松本

9月下旬にスペイン・サバデルで開催されるITFフューチャーズ(クレー、賞金総額1万ドル)の本戦ワイルドカードを手にした松本は、5月に行われた関東大会を制した岡垣光祐(法政大学)と共に、スペイン遠征に臨む。

また今大会の優勝者には漫画「ベイビーステップ」の主人公エーちゃんが契約しているサプリメントブランド「HALEO」からハイブリッド・プロテインドリンク「ブルードラゴン」と、「エレッセ」からはテニスウエア一式が進呈される。


大会ベスト4
左から小山(近畿大)、松本(近畿大)、中西(フリー)、大塚(神戸学院大)


ベスト4と大会運営を務めた大阪体育大学男子テニス部

>Road To Spain大会サポーター募集<


■関連ニュース■
・近大の松本らが関西4強入りへ
・関西8強出揃う、近大が4名
・法政大1年 岡垣光祐が初優勝
(2017年6月18日21時52分)

その他のニュース

1月24日

大坂 初Vと世界ランク1位王手 (20時46分)

ナダル 完勝で全豪OP決勝へ (19時33分)

大坂に脱帽「信じられない」 (18時11分)

テニスアンケート 放送編 (17時49分)

大坂なおみ 日本語で感謝の言葉 (17時45分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (17時35分)

大坂 日本人初の全豪OP決勝へ (16時07分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsプリスコバ (13時55分)

クヴィトバ 全豪OP初の決勝へ (13時47分)

セリーナ 足首負傷「関係ない」 (12時00分)

松岡氏 錦織に同情「苦しい」 (11時08分)

大坂 準決勝「タフな試合」 (11時02分)

錦織の棄権 ジョコ「気の毒」 (7時58分)

1月23日

錦織、死闘続きで満身創痍 (23時36分)

錦織「強い痛み」 右太もも負傷 (20時03分)

ジョコ 棄権の錦織へエール (19時37分)

錦織 途中棄権で初4強ならず (18時46分)

【1ポイント速報】錦織vsジョコビッチ (17時36分)

国枝慎吾 10度目Vへ好発進 (17時35分)

プイユ 接戦制し四大大会初4強 (16時46分)

錦織 王者ジョコ戦へ最終調整 (16時04分)

ジョコのインタビュー動画公開 (13時46分)

大坂なおみ 準決勝は世界8位 (13時25分)

大坂「イライラせずプレー」 (10時59分)

大坂 日本女子25年ぶり4強 (10時31分)

【ポイント速報】ラオニッチvsプイユ (9時09分)

錦織 デ杯メンバー入りせず (8時11分)

錦織vsジョコ 過去の対戦一覧 (7時36分)

1月22日

ジョコ 錦織戦「自信ある」 (21時31分)

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (21時29分)

第4回ジュニアイベント開催 (21時13分)

ナダル 快勝で2年ぶり4強 (20時56分)

【ポイント速報】ナダルvsティアフォー (18時29分)

快進撃 世界35位がGS初4強 (16時57分)

20歳チチパス 四大大会初4強 (14時13分)

錦織 ジョコ戦「長いラリー」 (12時18分)

ラケット破壊「腹立ってた」 (10時57分)

大坂 3年前の全豪「忘れた」 (10時11分)

錦織、全豪OP4回戦の詳細 (8時05分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!