- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

土居美咲 逆転許し初戦敗退

土居美咲
全米オープン時の土居美咲
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのジャパン ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は13日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク95位の土居美咲は予選勝者のZ・ディアス(カザフスタン)に6-3, 1-6, 1-6の逆転で敗れ、3年ぶりの初戦突破とはならなかった。

>>ジャパンウィメンズOP 対戦表<<

この日の序盤、ディアスにポイント先行を許した土居だったが、2度のブレークに成功して第1セットを先取。

続く第2セットはディアスの強打に押され、わずか1ゲームしか奪えずにこのセットを落としてセットカウント1−1に。

ファイナルセットでも第1ゲームで先にブレークを許してしまうと、その後も試合の流れを引き戻すことが出来ず、逆転負けを喫した。

26歳の土居は、ジャパン ウィメンズオープンに今年で8年連続の出場で、2012年にはベスト4進出を果たしていた。

今シーズンは、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、プレミア マンダトリー)で3回戦進出を果たし、ニュルンベルガー・カップ(ドイツ/ニュルンベルク、レッドクレー、WTAインターナショナル)でベスト4に進出した。

一方、勝利したディアスは2回戦で、第2シードのザン・シュアイ(中国)と対戦する。シュアイは、1回戦で世界ランク119位のR・ホーヘンカンプ(オランダ)をストレートで破っての勝ち上がり。

その他の日本勢では、予選勝者の加藤未唯日比野菜緒に勝利、奈良くるみ大坂なおみを下してそれぞれ2回戦に進出。伊達公子は1回戦で敗れて2度目の現役引退となった。






■関連ニュース■ 

・26歳の土居美咲 再起誓う
・急浮上 約1カ月半で940人抜き
・決勝で親友対決「特別な瞬間」
(2017年9月13日14時26分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!