- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

決勝で親友対決「特別な瞬間」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、女子シングルス決勝が行われ、同胞のS・スティーブンス(アメリカ)に敗れるも準優勝を飾った第15シードのM・キーズ(アメリカ)は、試合後の会見で「グランドスラムでの初めての体験を、同じ経験をしている親友と共有できたのは本当に特別な瞬間だった」と、コメントした。

>>ナダルvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

「今日はベストのテニスはできなかった。それにはとても落胆している。2回目の手術のために飛行機に乗っている時、シーズンの終わりにグランドスラムで準優勝すると言われたらきっと嬉しく思ったでしょう。一番学んだのは、自分がファイターなんだということ。何日か経ったらとても嬉しくなると思うけど、今はまだ落胆の気持ち」

この日、第1セットを30分で落とした世界ランク16位のキーズは、その後もスティーブンスに傾いた流れを自身に引き戻すことが出来ず、1時間1分で敗れた。

試合後、キーズは「グランドスラムの最後にきて、誰が相手だろうと肉体的に何かを感じていた。当然、緊張も今日のプレーに影響したはず。グランドスラムの決勝の舞台に上手く対応できなかったんだと思う」と、振り返っていた。

昨年11月に左手首の関節鏡手術を受け、一時ツアーを離脱したキーズは、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTAプレミア)で復帰。早期敗退が続いていたが、8月のバンク・オブ・ウエスト・クラシック(アメリカ/スタンフォード、ハード、WTAプレミア)で今季初優勝を飾り、今大会へ挑んだ。

そして、対戦したスティーブンスもまた、怪我に苦しんだシーズンを送っており、左足の手術を受けて今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で約11カ月ぶりにツアー復帰を果たしていた。

同胞で親友でもある両者は、試合が終わった後に長い間ハグをしながら互いに言葉を送っていた。会場からは、両者を称えるように大きな拍手と歓声が送られた。

「お互いとても長い間知り合いだし、お互い色んなことを乗り越えてきたから、あの瞬間を共有していた」

今大会の女子シングルスでは、キーズ、スティーブンス、V・ウィリアムズ(アメリカ)C・バンデウェイ(アメリカ)のアメリカ勢4選手がベスト4を独占。これは、オープン化以降1981年以来36年ぶりの快挙となった。

これに対し、キーズは「アメリカ女子テニスは今、とても良い状態にいると思う。ヴィーナスとS・ウィリアムズ(アメリカ)はそのリーダーになっている。ココ(バンデウェイ)も最高の2週間を送った。彼女にもたくさんの良い未来が待っているはず」と、アメリカ女子の今後についてコメントしていた。






■関連ニュース■ 

・初の決勝へ「ゾーンに入った」
・米勢36年ぶり4強独占の快挙
・セリーナ以来 米勢3年ぶりV
(2017年9月10日20時59分)

その他のニュース

6月18日

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

【告知】大坂vsサッカリ (11時16分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!