- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快進撃 世界1位破り全米初4強

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、女子シングルス準々決勝が行われ、第20シードで世界ランク22位のC・バンデウェイ(アメリカ)が第1シードで同1位のKa・プリスコバ(チェコ共和国)を7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、大会初のベスト4進出を果たした。

>>フェデラーvsデルポ 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

この日、先にブレークに成功したバンデウェイだったが、第8ゲームでブレークバックを許してタイブレークへ突入。女王プリスコバと互角の打ち合いを見せ、最後はポイントを連取して第1セットを先取する。

その後、ペースを掴んだバンダウェイは持ち味である強打で試合の流れを引き寄せ、勝利を手にした。

準決勝では、第15シードのM・キーズ(アメリカ)と予選勝者のK・カネピ(エストニア)のどちらかと対戦する。

現在25歳のバンダウェイは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でA・ケルバー(ドイツ)G・ムグルサ(スペイン)らトップ選手を破る快進撃で四大大会初のベスト4へ進出。

その後、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では1回戦敗退を喫するも、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では8強入りを果たした。

今大会は、1回戦で1回戦でA・リスケ(アメリカ)、2回戦でO・ジャブール(チュニジア)、3回戦で第10シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、4回戦でL・サファロバ(チェコ共和国)を下して大会初の準々決勝進出を決めていた。

一方、敗れた昨年準優勝のプリスコバは、1回戦でM・リネッタ(ポーランド)をストレートで下し、続く2回戦のN・ギブズ(アメリカ)、3回戦の第27シードのザン・シュアイ(中国)でいずれも第1セットを落とす苦しい試合を勝ち抜き、4回戦ではJ・ブレイディ(アメリカ)に快勝で準々決勝へ駒を進めていた。






■関連ニュース■ 

・地元25歳 全米初ベスト8進出
・同胞対決制し今季初V
・プリスコバ 初の世界1位へ
(2017年9月7日2時56分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!