- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 3年連続初戦突破

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク85位のD・ラヨビッチ(セルビア)を7-6 (8-6), 6-2, 6-2のストレートで下し、3年連続の初戦突破を果たした。

>>全米OP対戦表<<

第1セット、ナダルは序盤から3ゲーム連取を許すなどラヨビッチの強打に苦戦したが、タイブレークをものにしてこのセットを先取。

徐々に本来の調子を取り戻したナダルは、3度のブレークに成功して第2セットを奪うと、第3セットでもポイントを先行し、ストレート勝ちをおさめた。

2回戦では、世界ランク121位のダニエル太郎とワイルドカードで出場のT・ポール(アメリカ)の勝者と対戦する。

今大会、シード勢が順当に勝ち上がった場合、準々決勝で第3シードのR・フェデラー(スイス)との黄金対決が実現する組み合わせ。

ナダルは今年で全米オープンに13度目の出場で、2010・2013年にタイトルを獲得。昨年は4回戦でL・プイユ(フランス)にフルセットの末に敗れた。

今季は、準優勝を飾った全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で左手首の故障から復帰。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を始めとするクレー4大会でタイトルを獲得した。

さらに、前哨戦のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)をA・マレー(英国)とフェデラーが欠場したことにより、ナダルは8月21日発表の世界ランキングで約3年ぶりに世界ランク1位へ返り咲いた。






■関連ニュース■ 

・ナダル 「本当に申し訳ない」
・ナダル戦で疑惑の大誤審
・ナダル ズベレフは「将来1位」
(2017年8月30日6時07分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!