- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織27歳 その頃のBIG4は

錦織圭
リオOP時の錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
錦織圭は昨年12月29日に27歳の誕生日を迎えた。これまで、キャリア通算で11勝をあげている錦織は、次なる目標としてマスターズ大会やグランドスラムの初制覇を掲げている。しかし、その前に立ちはだかるのがBIG4の厚い壁だ。今年5月には4人全員が30歳以上となるが、未だその勢いは衰えを知らない。

では彼らは27歳の1年でどのような戦績を残したのだろうか。



錦織とビッグ4 27歳時のランキング推移


A・マレー(英国) 2014年5月〜2015年4月
【27歳時の主な戦績】
全豪:準優勝
全仏、ウィンブルドン、全米:ベスト8

現在世界ランキング1位のマレーにとって、27歳の1年間は厳しい1年だった。特に2014年シーズンは、ツアー優勝が3度あったものの、グランドスラムやマスターズでのタイトルはなく、6年3ヶ月ぶりに一時トップ10から陥落した。しかし、2015年に入ると、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とソニー・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で準優勝を果たし、ランキングを3位まで上昇させた。


N・ジョコビッチ(セルビア) 2014年5月〜2015年5月
【27歳時の主な戦績】
ウィンブルドン、ATPワールドツアー・ファイナルズ:優勝
全仏:準優勝

27歳のジョコビッチはテニス面、生活面とも非常に充実していたと言えるだろう。グランドスラムでは1勝にとどまったが、マスターズ大会では5つのタイトルを獲得。ATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)では3連覇を果たした。また、生活面においては、7月に長年のガールフレンドであったエレナと結婚式を挙げ、10月には第一子が誕生した。


R・フェデラー(スイス) 2008年8月〜2009年7月
【27歳時の主な戦績】
全仏、ウィンブルドン、全米:優勝
全豪:準優勝
北京オリンピック:ダブルス金メダル

フェデラーは27歳の1年間でグランドスラム3勝をあげ、11ヶ月ぶりに世界ランキング1位へ返り咲いた。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では初優勝を果たし、男子史上6人目の生涯グランドスラムを達成した。また、北京オリンピック(中国/北京、ハード)ではS・ワウリンカ(スイス)とペアを組み、母国スイスにダブルスによる初の金メダルをもたらした。


R・ナダル(スペイン) 2013年6月〜2014年5月
【27歳時の主な戦績】
全仏、全米:優勝
全豪:準優勝

膝の故障明けで不安視されていたナダル。全仏オープンで4年連続8度目の優勝でスタートしたものの、続くウィンブルドンでは自身初のグランドスラム初戦負けを喫した。しかし、その後はマッチ22連勝などの活躍でマスターズ2大会と全米オープンを制覇。2年3ヶ月ぶりに世界ナンバー1の座を手にした。


マレーは厳しい1年を送ったが、フェデラー、ナダル、ジョコビッチはいずれも27歳の時に世界の頂点に上り詰めた。錦織にもこの年齢での活躍を大いに期待したい。







■関連ニュース■ 

・錦織 世界ランク5位へ浮上
・ジョコ 練習相手がドーピング
・修造 錦織GS優勝「壁がある」

(2017年4月18日17時04分)

その他のニュース

10月17日

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

10月16日

杉田37位 日本勢世界ランク (21時08分)

デルポ 3年ぶりTOP20返り咲き (18時00分)

シャラポワ 復帰後Vで50位台へ (17時04分)

綿貫陽介 サンティラン下し本戦 (15時40分)

3時間超えの逆転勝利でV (13時03分)

錦織15位に後退 世界ランク (11時14分)

約6年ぶりにツアー優勝 (10時34分)

ナダル アジアシーズンに満足 (8時43分)

王座女子 早稲田が12連覇達成 (7時27分)

10月15日

ナダル 歴代最多の31勝目逃す (22時15分)

フェデラー ライバル対決制す (21時02分)

楽天Vのマクラクランが出場 (20時14分)

フェデラー ナダル破り上海V (18時57分)

【1ポイント速報】ナダルvsフェデラー (18時56分)

シャラポワ 復帰後ツアー初V (17時16分)

【1ポイント速報】シャラポワ 決勝 (17時15分)

大坂下した第6シードが決勝へ (14時22分)

決勝戦、ナダルvsフェデラー (12時27分)

早稲田大 王座男子13連覇達成 (12時01分)

杉田祐一 第7シードで出場 (8時19分)

10月14日

フェデラー ナダルとの決勝へ (23時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsデルポ (23時05分)

王者ナダル 上海初Vに王手 (19時59分)

大坂「来年が待ちきれない」 (16時58分)

シャラポワ 復帰後初の決勝へ (16時28分)

復帰戦で決勝逃す 58分で完敗 (14時38分)

フェデラー 強敵デルポ戦へ (11時45分)

ATP最終戦 4人目出場確定 (10時49分)

復帰戦4強 3時間超の激闘制す (9時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!