- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎、本戦に王手

ダニエル太郎
全豪OP時のダニエル太郎
画像提供: tennis365.net
男子テニスのリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)は18日、シングルス予選1回戦が行われ、予選第2シードのダニエル太郎が世界ランク157位のF・ガイオ(イタリア)を6-1, 0-6, 6-1のフルセットで下し、予選決勝進出を果たした。

試合を通して8本のダブルフォルトを犯したダニエル太郎だったが、7度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、1時間43分で勝利した。

本戦入りをかけて、予選決勝では世界ランク193位のM・チェッキナート(イタリア)と対戦する。両者は今回が初の対戦。チェッキナートは予選1回戦で第5シードのA・ギアネッシ(イタリア)にフルセットで勝利しての勝ち上がり。

開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ 、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で予選敗退のダニエル太郎は、今季初のツアー本戦出場を目指す。

下部大会のスポーツ・マスター・テニス選手権(アメリカ/マウイ、ハード、 ATPチャレンジャー)では準優勝を飾った。

今大会の本戦には、世界ランク5位の錦織圭が第1シードで出場し、1回戦でT・ベルッチ(ブラジル)と対戦する。

その他のシード勢は第2シードがD・ティエム(オーストリア)、第3シードがP・クエバス(ウルグアイ)、第4シードがP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第5シードがA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第6シードがD・フェレール(スペイン)、第7シードがP・ロレンジ(イタリア)、第8シードがJ・ソウサ(ポルトガル)

昨年のリオ・オープンはクエバスが決勝でG・ペラ(アルゼンチン)を6-4, 6-7 (5-7), 6-4のフルセットで下し、初優勝を飾った。






■関連ニュース■ 

・ダニエル太郎 昨年覇者に善戦
・ダニエル太郎 五輪シード破る
・ダニエル太郎 中国で事故に遭う
(2017年2月19日15時15分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!